【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

  • トップページ
  • 週末・その他 >
  • 100人にアンケート! 丸1日、自由になれたら何をする!?

週末・その他

年長 2019年3月27日の記事

100人にアンケート! 丸1日、自由になれたら何をする!?

「ママの息抜き&お気に入りアンケート」結果発表(やりたいこと編)

 

 

ママたちの「ひみつの息抜きタイム」についてアンケートを実施したところ、なんと100名を超える回答をお寄せいただくことができました。「息抜きタイムに、いつも何してる?」(第1回)、「息抜きタイムのおともグッズ、教えて!」(第2回)に引き続き、今回は「丸一日、自分の時間ができたら、何をしたい?」の質問に対する皆さんのコメントを発表します!

 

 

●時間を気にせず、「思う存分のんびり」派が約半数!

 

「Q.丸一日、自分の時間ができたら、何をしたい?」と聞いたところ、「自宅でのんびり派」と「お出かけ派」が拮抗する結果に。まずは「自宅でのんびり派」の声からご紹介します。

 

「目覚まし時計をかけずに思う存分寝たい! 目が覚めたら録りためたドラマやバラエティをゆっくり鑑賞。家から一歩も出ずに、好きなだけのんびりしたいです♪」

 

「好きな映画を借りてきて観ます。食事の用意も何もしません!」

 

「好きなだけ寝て、起きて、だらだら漫画を読んでお菓子を食べたいです」

 

「子どもの前ではなかなか読めないマンガ『のだめカンタービレ』や『ちはやふる』を1巻からひたすら読み続けたいです」

 

「何もしないでゆっくり休みます」

 

時間を気にせず、気ままに過ごすことを夢見るママは多いよう。家族と一緒だとなかなかそうもいかないので、そこは大事なポイントですよね!

 

 

●プチ旅行やエステなどの「外出派」も多し

 

「のんびり派」と同じくらい多かった「お出かけ派」の声。あちこち出かけたいアクティブな人もいれば、いろいろな方法で自分をゆっくりメンテナンスしたい人もいるようです。

 

「プチ旅行。バイクでふらっと出かけたり、行けるところまで行ったりしたいです」

 

「車で行けるところにドライブがてらひとり旅。寄りたいお店(飲食店やお土産物やさんなど)を事前にリサーチしたり、当日までの時間も楽しめそう♪」

 

「お気に入りのレストランに行く! 子どもが生まれてから、もう五年くらい行けてないので(涙)」

 

「買い物に行ったり、図書館や本屋さんに行って本を読んだり、とにかく一人の時間を満喫する」

 

「スーパー銭湯に朝から入り浸ります」

 

「美術館に一日中いたい」

 

「美容院・エステ・買い物・コルギ!」

 

「岩盤浴で身体を内側からキレイにしたい」

 

外出派にとっても、マイペースで楽しめることが“キモ”のよう。確かに子連れだと、出かける時間帯やトイレスポットのリサーチなど、事前の計画が欠かせません。行き当たりばったりを楽しむ感覚、久しぶりに味わいたいですよね。

 

 

●友だちや家族とゆっくりおしゃべりしたいママも♪

 

また、大切な人と一緒にゆっくり過ごしたいという声も多くありました。

 

「カフェ&アフタヌーンティーのはしご。1軒目は友人とおしゃべり三昧、2軒目は本を読んだりソーイングしたり、考え事や手帳仕事などをしたいです」

 

「高校時代の友達と朝から晩までカフェへ。コーヒー数杯で喋りまくる!」

 

「友達と遠足のように、一日かけて出かけたい!」

 

「なかなか一緒にゆっくりできない姉とホテルランチしたい!」

 

「ヲタク友達と会ってお茶をする」

 

「実家に行ってお姫様になる☆」

 

ふだんはお互いに忙しくしていても、会えば一瞬で昔の気持ちに戻れる友達! いつもは子どもと一緒に会っている実家の親やきょうだいとも、子ども抜きだと新鮮なひとときが過ごせそうです。“ママでも妻でもない自分”に一日だけ戻るのも素敵ですね。

 

 

●一日でそんなに!? 楽しいプランてんこ盛り

 

数は多くないものの目立っていたのが、ここぞとばかりに予定を詰め込んでいる声。考えるだけでも気分が盛り上がりますよね。

 

「早起きして少し遠くの温泉に一人で行き、美術館や博物館を巡って、夜はバーで飲んで深夜に帰宅したいです」

 

「カリスマ美容師に髪をカットしてもらい、その後は店員さんオススメのコーディネート一式や化粧品を買って、足マッサージのお店へ。眺めの良いレストランで食事をして、レーザーでシミも取ってもらいたい!」

 

「美容室でヘッドマッサージとトリートメントをして、全身エステ。その後はホテルのラウンジでティータイムを楽しみ、大好きな化粧品を買いに行きたい」

 

めったにない機会だけに「あれもこれも」と欲ばりたくなりますよね。そして、「それには先立つものが必要」と一言添えるママの気持ちもよく分かります(涙)。ちょっとずつでも実現できますように!

 

 

●まとまった整理や片づけに利用する現実派も

 

一方、現実的な用事や家事にあてるというママもいました。忙しい毎日で少しずつ“未解決”が溜まっていくのもストレスになるもの。一気に解消するのも名案ですね。

 

「人間ドックを受ける」

 

「身辺整理」

 

「漫画喫茶へ行ってみたいけど、現実的には家をきれいに掃除したい」

 

「掃除を兼ねていらないものを捨てる」

 

「ずっと撮りためた写真やムービーの整理がしたい」

 

「部屋の片づけ」

 

「家の整理整頓」

 

家族がいると自由になる時間は本当に貴重なもの。そんな“夢の一日”にかけるママたちの期待や気合いが伝わってくるコメントがたくさん見られました。想像するだけでも楽しいものですが、一日も早く、一人でも多くのママに機会が訪れることを願っています。

 

(取材・執筆:ママノート編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頑張るママを応援! オンアイナ ファッション通販サイト

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」