【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

  • トップページ
  • 学校・まなび >
  • 勉強大好き&学力アップ「親野智可等のママゼミ」 第7回

学校・まなび

小学1年生 2014年5月26日の記事

勉強大好き&学力アップ「親野智可等のママゼミ」 第7回

ちょっとしたワザで子どものやる気がアップ[前編]

0903-02.php

 

 

●“たすき”でやる気アップ

 

宿題・勉強への取り掛かりや集中力がイマイチな子どもたち、いっぱいいますね。

そういう子どもたちのやる気を上げるために、ママたちはいろいろな工夫をしています。

 

ある家では、“たすき”を使って勉強気分を盛り上げています。

選挙の候補者がよく掛けている、あのたすきです。

進学塾でよくやっているハチマキの応用です。

 

そのたすきには油性ペンで文字を書ける枠があり、やる気がアップするキーワードを

 

書き込んで、それを掛けて勉強するのです。

 

お気に入りなのは「未来の宇宙飛行士 勉強中」というたすきだそうで、これを掛けると張り切って勉強するそうです。

その子は宇宙飛行士になりたいと思っているので、こういうたすきを作ったのです。

 

この他にも「めざせ 漢字検定5級 合格」など、いろいろあるそうです。

 

●ホワイトボードで集中力アップ

 

卓上に置けるミニ・ホワイトボードを活用するのも効果的です。

 

たとえば「未来の宇宙飛行士 勉強中」や「めざせ 漢字検定5級 合格」などの目標を書いて、目の前に置いて勉強するのです。

 

あるいは、「6時までに プリント1枚と日記 終わったらテレビを見る」というように今現在のタスクを「見える化」して目の前に置くと集中力がアップします。

 

その場合、「1,締め切り時刻 2,やるべきタスク 3,終わったらやれること」

の3点セットで書くのがコツです。

この3つがあると集中力が高まります。

 

●テレビを布で隠す

 

今“テレビ”と書きましたが、テレビはゲームとともに勉強の大敵ですね。

でも、ひと工夫すればこれを勉強の味方に変えることができます。

 

それは、テレビは必ず録画してみるという習慣をつけ、勉強の後のご褒美にするのです。

 

ある家では、さらにひと工夫していて、勉強中はテレビに大きな布を掛けて隠しておくそうです。

つまり、勉強が終わったら布を取って「やった!テレビが見られる」というワクワク感を演出しているのです。

 

この応用で、ゲームやおやつを隠すのもいいかもしれませんね。

 

●OKなご褒美とNGなご褒美の違いとは?

 

ところで、ご褒美についてですが、「勉強したら百円」とか「勉強したら○○が買ってもらえる」などのご褒美は弊害が大きいのでNGです。

 

これだと、いいご褒美がないと勉強しなくなったり、「勉強したら何くれる?」などと言い出したりする可能性があるからです

 

でも、いつもやっていることを順番を変えて“ご褒美化”するのは大丈夫です。

つまり、テレビを見るのもおやつを食べるのも、いつもやっていることであり、あらたに用意したものではありません。

 

言い換えると、どうせやることを、順番を変えてご褒美化しているのです。

これなら、先ほどのような弊害はなくなりますね。

 


前後の記事はこちら

勉強大好き&学力アップ「親野智可等のママゼミ」 第6回

勉強大好き&学力アップ「親野智可等のママゼミ」 第8回

 

 

 

 毎週木曜にメルマガ発信中!

ご登録はこちらから↓

mailcp

 

 

ツイッターもやっています!

フォローはこちらから↓

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頑張るママを応援! オンアイナ ファッション通販サイト

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」