【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

  • トップページ
  • 週末・その他 >
  • 自分へのご褒美!? ママが最近買った”お気に入り”教えて!

週末・その他

年長 2019年4月1日の記事

自分へのご褒美!? ママが最近買った”お気に入り”教えて!

「ママの息抜き&お気に入りアンケート」結果発表(自分へのごほうび編)

 

 

「そういえば最近、自分のためにモノを買ってないなぁ」なんて思ったことはありませんか?「自分の冬服、今年は一着も買わなかった」と暖かくなってから気づいたり…。ゆっくりショッピングする時間もないし、つい子どもの買い物を優先しちゃう。そんなママたちに「最近、自分のために買ったモノは?」とアンケートを実施! 回答くださった100人のママたちは、自分のために何を買ったのでしょうか? 結果をお伝えします!

 

 

●使うたびに気分が上がる! ビューティグッズを買うママ多し

 

まず多かったのが、コスメやフレグランスなど美容系のグッズ。

 

「高めのクレンジングオイル。7,000円ぐらいしましたが、オーガニックで肌への負担が少なくてメイクもよく落ちます。2か月ぐらいもつので、実は高くないのかも!?」

 

「ファンデーション。厚塗りにならず自然に素敵に見えて肌も潤うので大満足です」

 

「M·A·Cのリップ。数十年ぶりに赤を選びました。23年ぶりの同窓会で自分に勢いをつけるのに、一役買ってくれました!」

 

「フレグランス。お気に入りの香りは気分が上がります」

 

「好きなメイクブランドのホリデー限定コフレ。発売日に合わせて仕事を休み、朝早くから並んで無事にゲット!」

 

「ジェルネイルの道具。自宅でセルフネイルができるように」

 

「ヘアアイロン。ずっとずっと悩んでいたけれど、『美容院でパーマ1回かける料金で買えるんだから』と思い切りました」

 

毎日のように手に取る美容系のアイテム。「これさえあれば!」という頼れるグッズが1つあるだけで、気分が違いますよね。ママがきれいだと家族もうれしいはず!

 

 

●憧れの一品から流行ものまで。ファッショングッズも人気

 

美容グッズ同様に多かったのが、服やカバンなど身に着けるもの。普段は子どもの買い物を優先しがちなだけに、自分のための一着に思い入れをもつママは多いようです。

 

「何年も欲しいと思っていたブーツ。高めのヒールに挑戦したら、見える景色が変わりました!」

 

「ピンクの手帳カバー、『ユニクロ』のローズピンクのニット、ピンクのスカート。普段なら絶対に挑戦しない色ですが、最近ピンクが気になって…。“今私が欲しいもの、必要なものなんだ”と思い、気に入ったもの3つを購入しました」

 

「ずっと欲しかった『イル ビゾンテ』のバッグ。お出かけで使うのが楽しみ!」

 

「東京ディズニーリゾートに行ったときに見つけた、可愛いミニバッグ。迷っていたら、長男が購入をすすめてくれました」

 

「カルティエの時計を奮発! 4か月間ず~っと迷い続け、ようやく購入!」

 

「眠る前に『メルカリ』で洋服やバッグを探しています。高いものは買えないから2,000円以内で未使用に近いものを。探すのは大変ですが、見つけて買えたときはかなりうれしい!」

 

ご紹介した声にもありましたが、「長い間悩んだ」「セールやポイントを活用して購入」というママが多かった印象です。悩みに悩んで、「やっぱり欲しい!」と手に入れたアイテムはきっと愛着もひとしお。長いお付き合いが期待できそうですね♪

 

 

●自分も家族も快適! おうち時間を彩るグッズたち

 

キッチンまわりのグッズや生活用品などを購入したという声もありました。

 

「ギックリ腰になったので布団のせいかと思い、敷布団を購入。でも、その1週間後には次女がベビー布団を卒業し、私の布団へ来るように。結局、毎夜のように追いやられて、ベビー布団で丸くなって寝ています(涙)」

 

「『ルンバ』もどきの掃除機。無名メーカーのものですが、こまごまとしたおもちゃをやり過ごしてゴミを拾い、玄関の手前で落ちずに戻ってきてくれたときは、子どもと一緒に感動!」

 

「野田琺瑯の保存容器。自分のためというわけではないけれど、好みで選んで満足です」

 

家のもの=家族のものではありますが、自分がこだわって選んだアイテムをみんなで楽しく使えたら、ママとしてはうれしいですよね。

 

 

●特別なひとときを、自分自身にプレゼント

 

コンサートや舞台鑑賞など、家族と離れて趣味を楽しむという声もありました。忙しいママたちにとっては何よりも贅沢な時間になりそうですね。

 

「子どもを預けて好きなアーティストのコンサートに行きます。今までは遠慮していましたが、今回は家族ではなく友だちと! 今からとっても楽しみです」

 

「舞台鑑賞が趣味でしたが、子どもの突然の体調不良などで観に行けずガッカリした経験もあり、遠ざかっていました。が、本人の成長や夫の育児スキルの向上(笑)とともに、気兼ねなく留守番をお願いできる場面が増えたので、思い切って復活! 『キンキーブーツ』を見に行きます」

 

「レンタル落ちのマンガを大人買い。普段の生活から現実逃避してマンガの世界観にひたれます。年齢に関係なく青春を感じたり、感動して泣いたりするうちに、非日常感で心がリセット。また日々の育児・家事などをがんばれます!」

 

長い人生から見ればほんの一時期とはいえ、子どもが小さいうちは制限される趣味も多いもの。少しずつでも楽しみ続けられるといいですね。

 

 

●ちょっと意外だけど、いいかも!? 参考にしたい変わり種

 

最後に「それもいいかも!」という個性的なコメントをご紹介。自分らしいアイテムを見つけてニンマリする、皆さんの顔が目に浮かびます…!

 

「大型スーパーの店頭でたまたま目にしたパンチングマシーン。専用グローブを装着してストレス解消! 意外と場所も取らず、重宝しています」

 

「“できたおかん”みたいな割烹着。自己満足ですが、子どものころから憧れていたのでうれしいです」

 

コスメ、ファッションからパンチングマシーンまで…! 以上、お気に入りを手にした皆さんのうれしい声をお届けしましたが、中には「買いに行くひまがない」「自由な時間、若さ、体力がほしい」などの切実な声も。“自分へのご褒美”は心の栄養剤! ひとりでも多くのママが、お気に入りに巡り合えることを願います。

 

(取材・執筆:ママノート編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頑張るママを応援! オンアイナ ファッション通販サイト

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」