【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

  • トップページ
  • 週末・その他 >
  • ☆動物園・水族館へ出かける前のチェックポイント

週末・その他

年長 2013年4月23日の記事

☆動物園・水族館へ出かける前のチェックポイント

《子どもとレジャー『動物園・水族館をもっと楽しむ方法1』》通常のショー以外に行われる特別イベントに注目して!

4063_img_01

 

子どもと一緒に“見て・体験して・楽しめる”レジャースポット……といえば、動物園や水族館! 

動物のおもしろさや愛らしさを間近で感じて、親子でリフレッシュしてみませんか?

 

『ママノート』では、子どもと動物園、水族館をもっと楽しむ方法をご紹介していきます。

お話をうかがうのは、学研の図鑑『ほんとのおおきさシリーズ』ライターとして多くの動物園や水族館を取材されている高岡昌江さんです。
 

 

●動物とふれあえる動物園や水族館に注目して!

 

高岡さん、よろしくお願いします。

まずは、『動物園』『水族館』へ行く前に、調べておくといいことはありますか?

 

高岡 連休や休日は、動物園・水族館ともに来場者が多くなります

連休などの時期に合わせて、通常のエサやり体験やショータイムなどの他に、特別なイベントを行うところもあります。

目的の動物園・水族館が決まったら、ホームページなどでチェックしてみるといいですよ」

 

 

動物にエサをあげたり、さわれたりすると、子どもが喜びそうですね。

 

高岡 「はい。動物となかよくなれる、きっかけにもなります。動物に近づくのを怖がるお子さんには、お父さん、お母さんが率先してお手本を見せてあげてください。

大人がさわりながら、『かわいいね』『やわらかいよ』と声をかければ、お子さんも安心してマネをしたがると思いますよ。

 

そして、春からは今年誕生した赤ちゃんがデビューしはじめる時期なので、こちらもチェックしてみてくださいね」

 

 

子どもの動物への興味を広げるためにも、出かける前に図鑑などを見ておくといいのでしょうか?

 

高岡 「これまでにも動物園や水族館に行ったことがあるのであれば、動物の図鑑をお子さんと一緒に開いて『今度は、パンダの目を探してみよう』など、一歩踏み込んだ観察をうながしてみるのもいいですね。

 

ただし、決して無理強いせず、親子で“楽しむ”ことを大切にしてください」

 

次回は、動物園に行くときのおすすめの時間帯、持っていくとよいものなどのポイントをおうかがいしていきます。どうぞお楽しみに!

【図鑑紹介】

4063_img_034063_img_02
『ほんとのおおきさシリーズ』

動物の顔やからだを実物大の写真で見せる大迫力の図鑑。
動物の大きさだけでなく、肌、毛並み、口の中の歯や舌、目…などの質感まで感じることができます。
写真からわかる動物の特徴や観察のポイントについても、子どもが楽しく読めるように紹介。

2008年の発売以降、各種メディアで取り上げられ、第1作『ほんとのおおきさ動物園』は英語版のほか9言語に翻訳。
また、『ほんとのおおきさ動物園』『もっと!ほんとのおおきさ動物園』『ほんとのおおきさ水族館』『ほんとのおおきさ・なかよし動物園』の英語版は、アメリカのペアレンツチョイス賞で、最高の金賞を受賞しました。

高岡さんにライオンのページを見せていただきました。折りたたんだページを広げると、実物大のライオンの大きな顔が! 毛並みや目のするどさまで、リアルに感じられます。


「ほんとのおおきさ動物園」学研教育出版)
●ご購入の際はお近くの書店でお求めください。
また、オンラインショップ学研出版サイトでもお求めいただけます。

【プロフィール紹介】

高岡昌江(たかおか まさえ)

フリーの編集者・ライター
『ほんとのおおきさシリーズ(全6巻)』『びっくり!ジャンボ昆虫園』『にたものずかん どっちがどっち!?』『オスメスずかん どっちがオス?どっちがメス?』(以上、学研教育出版)などの著書がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頑張るママを応援! オンアイナ ファッション通販サイト

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」