【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

  • トップページ
  • レシピ >
  • 旬の食材で子どもごはん【スナップえんどう】

レシピ

2013年2月16日の記事

旬の食材で子どもごはん【スナップえんどう】

旬の「スナップえんどう」を使って、『スナップえんどうのヘルシーレンジサラダ』を作りましょう!

3551_img_01

今回は、栄養士の森野恵子先生に、旬の「スナップえんどう」を使った、ビタミンたっぷりの『スナップえんどうのヘルシーレンジサラダ』レシピをご紹介いただきました。

 

桜えびマヨソースをつけていただきます!

「スナップえんどうのヘルシーレンジサラダ」

 

【材料】(4人分)

 スナップえんどう…60g(8本ほど)

 新じゃがいも…4個

 新にんじん…1本

 (桜えびマヨソース)

 桜えび(乾燥)…大さじ2(6g)

 マヨネーズ…大さじ1

 ヨーグルト(無糖)…大さじ2

 白みそ…大さじ2

 

【作り方】
1 スナップえんどうはすじを取って半分に切る。じゃがいも、にんじんは皮をむいてひと口大に切る。

2 耐熱皿にじゃがいも、にんじんを並べてラップをかけ、電子レンジ(500W)で3分加熱する。
電子レンジから耐熱皿を取り出し、じゃがいも、にんじんをよけるように皿の中央スペースを空け、そこにスナップえんどうをのせる。
ラップをかけて電子レンジでさらに2分加熱し、ラップをかけたまま余熱で5分ほどおく。

3 桜えびはすり鉢に入れてすりおろし、その他のマヨソースの材料と混ぜ合わせる。

4 2 を器に盛り、 3 をかけていただく。

(137kcal)

 


 

《森野先生の食育POINT》

 

「スナップえんどう」は、さやと豆が両方食べられる甘みの多い野菜。食感もパリッとしているので、豆類が苦手なお子さんでも食べやすいはずです。

 

調理をするとき、お子さんにすじ取りのお手伝いをしてもらうのもいいですね。

 

さやを空けて、豆がいくつ入っているか親子で一緒に数えると、子どもが喜びますよ。

 

「スナップえんどうのヘルシーレンジサラダ」は、春野菜の素材の味をシンプルにいただけるおかずです。マヨネーズにヨーグルトをプラスしてカロリーをオフ。桜えび、白みそと一緒に混ぜれば、子どもも野菜がパクパク食べられるコクのあるソースができ上がります。

 

3551_img_02


 

《食材メモ》

 

スナップえんどう

3551_img_03

●栄養データ

 

成長に欠かせない必須アミノ酸のリジンが豊富。
疲労回復によいビタミンB1やカゼを予防するビタミンC、皮膚の粘膜を健康に保つβ-カロテン、利尿作用のあるカリウムも含みます。

 

●おいしい「スナップえんどう」の見分け方

 

・しっかりとハリがある

・かすれて白っぽくなっていない

・へたがみずみずしい

 

●おいしさをキープする冷凍方法

 

塩少量を入れた熱湯でサッとゆでて冷凍する

 

3551_img_04

鍋に熱湯を沸かし、塩少量を入れてサッと(30秒程度)かためにゆで、粗熱をとる。
重ならないように1回に使う分量ずつラップに包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍する。
保存期間の目安は1か月。

 

3551_img_05

撮影/勝倉崚太

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • サポーター募集

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」