【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

レシピ

2012年9月2日の記事

旬の食材で子どもごはん【さんま】

旬の「さんま」を使って、子どもも食べやすい魚のおかず『さんまの竜田揚げ』を作りましょう!

2154_img_01

 
今回は、栄養士森野恵子先生に、 
秋の旬魚「さんま」を使った『さんまの竜田揚げ』のレシピをご紹介いただきました。

 
 
身がふっくらとしておいしい! 
んまの竜田揚げ」

 
 
【材料】(4人分) 
 さんま…4尾 
 さつまいも…1/2本 
 ピーマン…4個 
 A しょうが汁…小さじ1 
   酒…大さじ1 
   しょうゆ…大さじ2 
   砂糖…小さじ1 
 片栗粉…1/2カップ 
 揚げ油…適量 
 レモン(くし形切り)…適量

 (1人分 525kcal)

 
 
【作り方】 
1 さんまは三枚におろし(おろし方は下記「三枚おろしの方法」参照)、 
  1枚を4等分のそぎ切りにする。 
  中骨は尾を切り落とし、食べやすい大きさに切る。 
 
2 ポリ袋に 1 のさんまの身、Aを入れて袋の口を閉じ、 
  10分ほど冷蔵室におく。 
 
3 さつまいもはよく洗って皮つきのまま輪切りにし、 
  (大きいものは半月切りにする)水にさらしてアクを抜く。 
  ピーマンはひと口大に切る。 
 
4 2 の袋からさんまを取り出し、汁けをふいて片栗粉をまぶす。 
  袋に残った漬け汁にさつまいもを漬ける。 
 
5  フライパンに揚げ油を170度に熱し、4 のさんまを1分ほどカラリと揚げる。 
  さつまいもを 4 の袋から取り出し、汁けをきって片栗粉をまぶして 
  揚げる。 
  ピーマンも片栗粉をまぶして揚げる。 
 
6 器に盛り、レモンを添える。
 
 


 
《森野先生の食育POINT》

 
さんまのメニューといえば、塩焼き……とお決まりのパターンになっていませんか?また、一尾魚が苦手というお子さんもいるのではないでしょうか。

 
そこでオススメしたいのが、今回のレシピ『さんまの竜田揚げ』です。

 
さんまを三枚おろしにして骨を取り除くので、子どもにも食べやすいおかずです。 
おろした身は、漬けだれに漬けることでくさみを抑えます。

 
食べると、身がふっくら! 旬の味覚を、子どもといっしょに味わいましょう。 
 


 
《食材メモ》 
さんま

2154_img_02

 
●栄養データ 
 良質のたんぱく質やDHA、EPAが豊富。脳の働きを活発にするほか、 
 血液をサラサラにして生活習慣病を予防。 
 亜鉛、カリウム、カルシウムなども含みます。

 
●おいしい「さんま」の選び方 
 ・新鮮なものは口先が黄色っぽい 
 ・目が澄んでいてにごりがない 
 ・身がしっかり伸びている

 
●三枚おろしの方法 
 1: 頭を切り落とし、腹ワタを取り除く

2154_img_03

  頭を切り落とし、腹を開いて腹ワタを取り除く。 
  手にポリ袋をかぶせ、腹ワタを取り、そのまま裏返して 
  捨てれば、まな板が汚れない。

 
 2: よく洗い、血合いを取る

2154_img_04

  腹の内側の骨についた血合いを包丁の先でゴリゴリと削って 
  取り除き、流水でよく洗う。 
  これでくさみを感じにくくなる。

 
 3: 中骨を切り取る

2154_img_05

  中骨に添って、頭のほうから尾に向かって包丁を入れ、身を切り取る。

2154_img_06

  次に中骨を下にしてまな板に置き、 
  中骨の上側に添って頭のほうから包丁を入れ、身を切り取る。

 
 4: 腹骨を切り取る

2154_img_07

  皮目を下にしてまな板に置き、腹骨に包丁を入れてそぎ取る。 
  小骨があれば骨抜きで取り除いておく。

 
  三枚おろしの完成!

2154_img_08

 

撮影/勝倉崚太 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • サポーター募集

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」