【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

生活・しつけ

小学1年生 2012年3月5日の記事

学校のトイレに行けるかな?

《親野智可等先生に聞く入学準備6》
小学校のトイレは和式が多いです。子どもにとっては謎のカタチ?

1564_img_01

 

最近のご家庭では洋式トイレが多くなり、子どもによっては、和式トイレを 
「見たことがない」 
というケースも増えています。 
その一方で、小学校のトイレは和式が多い。 
 
和式トイレの使い方が分からなくて、学校で失敗してしまい 
「学校のトイレに行きたくない!」 
と言う子がいるという話も聞きます。

 

 

親野 「和式トイレでの失敗の原因って何だと思いますか?」

 

 

ええっと……、何でしょう?

 

 

親野 「和式トイレを知らない子どもの場合、 
和式便器の前の部分にある金隠しがうっとうしいのか、 
後ろのほうにしゃがんでしまうんです。 
その結果、便器の後ろにうんちやおしっこがはみ出してしまう。 
それから、子どもによっては金隠しの上に座ってしまう子もいます。 
あれが何なのかわからないんです」

 

 

ああ、なるほど。成功するか失敗するかは、どこにしゃがむかなんですね。

 

 

親野 「ポイントは足を置く位置なんです。 
後ろの方で便器をまたぎ、そこでしゃがんでしまうからはみ出す。 
お子さんの体格にもよるかと思いますが、だいたい真ん中ぐらいの 
位置に足を置けば、それでOK。簡単なことです。 
でも、知らないとできない。 
 
練習方法も簡単です。 
家で画用紙に和式便器の実物大の絵(上から見た図)を描いて、 
足をどこにおけばいいのか印をつけてあげて、 
しゃがむ練習をしてみればいいんです。 
駅やデパートのトイレでちょっとしゃがむ練習をしてもいいですね」

 

 

しゃがむ練習くらいなら、すぐにできそうです。 
そうして練習しておけば、学校の和式トイレも恐れる必要ないですね。

 

 

親野 「和式トイレの使い方も大切ですが、もっと大切なのは、 
朝、家できちんとうんちをしてくること。生活習慣をつけることが 
本当に大切です。 
(《親野智可等先生に聞く入学準備④》もご覧ください) 
毎朝排便する習慣をつけて、すっきり出してから学校に行きましょう」

 

そうですよね。 
学校で出すよりも家で出すほうがリラックスしてできますね。


 

学校でのトイレを失敗しないポイントは二つ。

 

(1)和式便器のしゃがみ方を練習しておく 
(2)毎朝、家でうんちをする習慣をつける

 

さっそく、子どものトイレ練習を口実に、おでかけしようかしら・・・・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • スルリと溶け込む、大人のナチュラル服 シュルリ

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」