【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

  • トップページ
  • 学校・まなび >
  • 勉強大好き&学力アップ「親野智可等のママゼミ」第16回[8/4]

学校・まなび

小学1年生 2014年8月4日の記事

勉強大好き&学力アップ「親野智可等のママゼミ」第16回[8/4]

算数プリントや計算ドリルも、まずは部分をほめる

image.php

 

●「はい、バツ。これもバツ」ではカチンとくる

 

みなさんは、子どもがやった算数プリントや計算ドリルを見るとき、どんな感じになっていますか?

 

「はい、バツ。これもバツ。あ、これもバツじゃん。

何やってるの? この前教えたでしょ。

繰り上がりとか書かなきゃダメって言ったよね。

ちゃんと書かないから間違っちゃうんでしょ。

間違ったところ、しっかり消して、今すぐやり直しなさい。」

 

と、まあ、こんな感じですかね?これでは子どももカチンときます。

 

これでやる気が出たら不思議というものです。これでやる気が出る子なんて、世界中探してもいないと思います。

 

 

●「はい、マル。これもマル」にかえると子どもは素直になる

 

この場合も、“まずほめる。取りあえずほめる”に変えてみてください。そのためには、部分に注目することが大事です。

 

たとえば、次のようになるといいですね。

 

ママ 「はい、マル。これもマル。お、これもマル。すごいじゃん。いい感じ」

 

子ども 「やった~」

 

ママ 「あ~、惜しい、これ違っちゃった。あ~、これも違う、残念。やり方はわかってるのにね~。繰り上がりをちゃんと書いていればな~。惜しかったね。じゃあ、惜しかったところ直して、このページクリアしちゃおう」

 

子ども 「ようし、やるぞ!」

 

 

●まずほめてから、間違いを探させる

 

あといくつか、変え方の例を紹介します。

 

ママ 「ほら、これ単位が違うでしょ!答えの数字は全部合ってるのに、ミリメートルとセンチメートルを間違えてるのがわからないの?せっかく計算が合ってても意味がないでしょ。ここ全部、単位を書き直しなさい」

 

子ども 「イヤ。めんどくさい!」

 

↓↓↓↓↓

 

ママ 「お~、すごい、答の数字は全部合ってるよ。しっかり計算できたね。たいしたものだ。でも、惜しい、何かが違ってる……それは何でしょうか?」

 

子ども 「え、何かな? う~ん、あ、単位だ。単位が違っちゃった! 全部直さなきゃ」

 

 

●まずほめてから、間違えた理由を考えさせる

 

ママ 「筆算は合ってるのに、何で答の所が違ってるの?あ、そうか、また答を写し間違ってるんだ。しっかり見て書き写さなきゃダメって言ってるでしょ」

 

子ども 「……」

 

ママ 「やった後で見直ししないからこうなるのよ。これからちゃんと見直ししなきゃダメだよ!」

 

子ども 「え~、やだ~。めんどくさ~い」

 

↓↓↓↓↓

 

ママ 「筆算、合ってるね。このめんどうな計算、よくできたね。でも、なんで答のところが違うのかな~?」

 

子ども 「あれ、おかしいな。あ、そうだ。書き写すとき間違っちゃったんだ」

 

ママ 「あ~、惜しかったね。」

 

子ども 「ホントに惜しかったな~。これからちゃんと見直ししようっと」

 

 

●必ずよい循環が始まる

 

このように、算数でも“まずほめる。取りあえずほめる”を実行してみてください。これに徹していれば、必ずよい循環が始まります

 

すぐに変化がないからといって“まず叱る。取りあえず叱る”に逆戻りはしないでくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頑張るママを応援! オンアイナ ファッション通販サイト

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」