【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

  • トップページ
  • レシピ >
  • 旬の食材で子どもごはん【さつまいも】

レシピ

2012年9月15日の記事

旬の食材で子どもごはん【さつまいも】

旬の「さつまいも」を使って、子どもが喜ぶ簡単おやつ『さつまいもスティック』を作りましょう!

2170_img_01

 

今回は、栄養士森野恵子先生に、秋野菜の「さつまいも」を使った『黒ごまシュガーのさつまいもスティック』のレシピをご紹介いただきました。

 
 
外はカリッ、中はホクホク! 
「黒ごまシュガーのさつまいもスティック」

 
 
【材料】(4人分) 
 さつまいも…400g(大1本) 
 揚げ油…適量 
 黒すりごま…大さじ2 
 グラニュー糖…大さじ1

 (1人分 196kcal)

 
 
【作り方】 
1  さつまいもはよく洗い、皮つきのままスティック状に切って 
  5分ほど水にさらしてアクを抜く。水けをよくふきとる。 
 
2  低温~中温(160~180度)に揚げ油を熱し、 
  1 を揚げ色がつくまで揚げて油をきる。 
 
3  黒ごまとグラニュー糖を混ぜ合わせ、2 にまぶす。  
  
そのまま揚げたてを食べてもおいしい。 
 


 
《森野先生の食育POINT》

 
秋野菜の「さつまいも」は、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養をバランスよくとることができ、腹持ちもいいので、子どものおやつにオススメです。

 
ふかしてシンプルに食べるのはもちろん、今回のレシピ『さつまいもスティック』のように、手に取りやすく切って、カリッと揚げても喜ばれます。 
黒ごまシュガーのほか、きな粉をつけて食べてもおいしいですよ。

2170_img_02


 
《食材メモ》 
 さつまいも

2170_img_03

 
●栄養データ 
 主成分はでんぷん。美肌をつくるビタミンCやビタミンEをはじめ、 
 カリウム、マグネシウムなどのミネラルも含んでいます。 
 腸を掃除する食物繊維も豊富で、便通をよくしておなかの健康を 
 サポートします。

 
●おいしい「さつまいも」の見分け方 
 ・ハリがあり、色が均一なもの 
 ・キズが少ないもの 
 ・毛穴が深いもの

 
●おいしさをキープする保存方法

常温保存

2170_img_04

 
 寒さに弱いため、冷蔵室での保存は避けて。 
 新聞紙に包んで風通しのよい冷暗所で保存を。 
 使いかけのものはラップに包み、冷蔵室で保存して。

 
冷凍保存

2170_img_05

2170_img_06

 さつまいも1本は蒸して皮をむき、マッシャーやすりこぎなどで 
 つぶす(ラップに包んで電子レンジで加熱してもよい)。 
 粗熱をとってから冷凍用保存袋に入れ、菜箸で筋目をつけて冷凍。 
 使うときは筋目でポキッと折る。1カ月で使い切る。 
 サラダやスープ、スイートポテトなどお菓子作りにも便利。 
 
撮影/勝倉崚太

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • サポーター募集

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」