【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

生活・しつけ

年長 2012年3月5日の記事

登校時間守れるかな?

《親野智可等先生に聞く入学準備5》
ご飯食べて、身支度して、朝はやることがいっぱいあります。

登校時間守れるかな?
「早寝早起きを心がけて、ちゃんと起こしたのに、出かける前にバタバタ……。
つい『早くしなさい!』と朝から怒っちゃうのよねぇ」
という、先輩ママの話を聞くまでもなく、どこにでもありそうな朝のお悩み。

 

親野先生に、怒らないで上手に時間を守らせる方法お聞きしました。

 

 

親野 「朝の時間は非常に忙しい。
また、特にマイペースな子のお母さんは
『早くしなさい!』『時計見えないの!』『何度言ったらわかるの』
とつい言いたくなってしまいますよね。
だけど、朝からしかられて学校に来ると、
授業に集中できなかったり、友だちとケンカをしたり、
子どもには悪影響だということを知ってほしいと思います。
朝から叱らない工夫をしてみてください」

 

 

言葉で追いたてずに、準備をスムーズにさせる……。
大変難しそうですが、どのような方法がありますか?

 

 

親野 「キーワードは『見える化』と『ゲーム化』です。
一つ実践例を上げると、
カード式、ホワイトボード式というのがあります。
朝やることを、「かお」「かみ」「たべる」「はみがき」「きがえ」「うんち」などと、
カードに書いて、もしくはホワイトボードに書いて、冷蔵庫に貼っておくんです。
それで、洗顔が済んだら「かお」のカードを裏返し、
髪の毛をとかしたら「かみ」のカードを裏返します。
裏返すと花丸印が描いてあったりして。

ホワイトボードなら、済んだものにマグネットを貼るようにします。
こうして、やることを見えるようにしておくことが大切です。
そして、花丸が増えるなど、やることによって小さい達成感を得られるようにする。
これが『見える化』と『ゲーム化』です。
低学年の子であれば、文字よりもイラストや
本人が顔を洗っている写真なんかをカードにするのもいいですね」

 

 

朝はやることがいっぱいありますが、これなら忘れずにできそうです。
ほかにおすすめの方法はありますか?

 

 

親野 「『模擬時計』というのも使えます。
アナログの卓上時計の隣に、
画用紙に同じデザインで描いた模擬時計を貼っておきます。
模擬時計は、例えば、ご飯を食べ終えてほしい
7時半を指すように針を描きます。
本物の時計の針が動いて、どんどん模擬時計の時間に迫っていくのがわかる。
ご飯を食べ終えなければいけない時間が迫っているのが
目に見えてわかるのです。
目の前にあるものは無視できません。
そうすると、自分でペースを調整できるようになる。

 

あるお宅では、この模擬時計を
就寝時刻、入浴、勉強開始など4つほど貼っていました。
タイマーやストップウォッチを使って、
『あと5分ででごちそうさま』
『着替えが何分でできるかな? よーいドン!』
などと、ゲーム化するのもいいですね。
せわしないように思えますが、言葉で叱ってしまうよりは
子どももお母さんもよほど気分がいいですよ」

 

 

なるほど。うまく子どもにはまってくれればいいですが、
それでも「早くしなさい!」って言いたくなってしまうときは
どうすれば良いでしょうか?

 

 

親野 「言葉を工夫してください。
『さあ、2倍速で食べちゃおう!』
『早送りで着替えて』
とか。ガミガミ叱る必要はないはずです」

 

確かにそうですね。

 


 

登校準備をスムーズにさせるための工夫のポイントは三つ。

 

(1) 見える化
(2) ゲーム化
(3) 言葉の工夫

 

子どもとの生活では、どうせ同じことを毎日言うことになります。
それこそ、何千回、あるいは何万回も言うのです。
どうせ言うなら、お互い不愉快になる言い方ではなく、
明るく楽しい言い方にしましょう。
その方がお互い気持ちよく過ごせますし、親子関係も良くなります。
そういう言い方の方が子どもも素直になってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • サポーター募集

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」