【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

  • トップページ
  • 生活・しつけ >
  • 入学前の子どもの「心の準備」につながる、親からの声かけ

生活・しつけ

年長 2016年12月12日の記事

入学前の子どもの「心の準備」につながる、親からの声かけ

《舟山先生の入学準備通信 その7》 周囲の大人の声かけが、子どもの心がまえにつながります

 

1212_pixta_8698196_s 

 

小学校入学まであと数か月となりました。ランドセルなど学校用品などを揃えながら、ワクワク感も高まっているのではないでしょうか。

 
今回は、現役小学校教諭舟山由美子先生に、新入学までの心の準備についてお話をうかがいます。

 

舟山 「入学が近づくと、周りの大人から『春から1年生だね』と声をかけてもらえる機会が増えてくると思います。

 

こういった、周りの大人からの声かけで、子どもの気持ちも高まり、心の準備もできていくんですよ。このとき、しっかりと自分で、あいさつやお礼が言えるといいですね。
 
また、ランドセルや学習デスクなど、入学に向けて学校用品を購入するときは、親だけで決めるのではなく、『どれがいいかな?』とお子さんに聞き、意見を尊重してあげると、心の準備につながると思います。
 
さらに、『新しいランドセルでうらやましいな』、『お母さんも小学校に行ってみたいな』と声かけをすると、お子さんの『小学校は、楽しいところなのかな』と、ワクワク感が引き出され、前向きな気持ちになれます」

 

親としては、どのような心の準備をしておくべきでしょうか?

 
舟山 「例年、小学校の入学式のとき、とくに練習をしていなくても、新1年生は『ありがとうございます!』などと、大きな声であいさつができています。これは、幼稚園や保育園でのご指導のたまものなのだと思います。

 
このように、子どもが大きくなるまでには、親御さんの努力はもちろんですが、親戚、幼稚園や保育園の先生、近所の方など……周りのいろいろな方々からの指導や支えがあったのです。
 
こうした方々に感謝しながら、新しい品々を揃えたりして、一緒にお子さんの入学式を迎えられるのは、とても幸せなことだと思います。

親御さんが、こういう気持ちで過ごしているのは、子どもにも必ず伝わるのではないでしょうか。
 
幼稚園や保育園の卒園式のときは、お子さんの成長を振り返って、とても感動する親御さんが多いと聞きます。
 
子どもにとっても、初めてといえる「別れ」と「出会い」が1か月のうちに押し寄せるこの時期は、一生の中でもきっと特別な時期になるのでしょう。
 
どうか、お母さんたちもこの時期ならではの喜びを味わい、楽しみながら過ごしていただきたいと思います。
 
お母さんが楽しそうだと、子どもも『小学校に行くのが楽しみだな』と思うはずですよ。それが一番大切なことかもしれませんね」

 

子どもが成長できたこと、周りの支えに感謝をしつつ、親子一緒に入学までの心の準備をすることが大切なのですね。

 

舟山先生、ありがとうございました。

 


 

 

 

 
 
 

毎週木曜にメルマガ発信中!

ご登録はこちらから↓

mailcp

 

 

ツイッターもやっています!

フォローはこちらから↓

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • 学研ほたるネット

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」