【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

  • トップページ
  • レシピ >
  • 夏バテを予防!「豚肉となすの塩あんかけ」[8/28]

レシピ

年長 2015年8月28日の記事

夏バテを予防!「豚肉となすの塩あんかけ」[8/28]

《たっきーママの子育てレシピノート・第6回》暑さから食欲が落ちやすい夏おかずにはコレ!

6回目画像

●旬の夏野菜で疲れをケア

 

 

こんにちは!たっきーママです。

 

夏休みももう終わり……お疲れは出ていませんでしょうか。(私は出てますw)

残暑を乗り切るためにも、親子で夏バテ予防を心がけたいですね!

 

 

夏バテ予防といえば夏野菜

夏野菜といえばトマト、きゅうり、ゴーヤー、なす、とうもろこしなどカラフルな野菜が多いですよね。

 

 

食には視覚がとても大切と言われていて、夏野菜のこのカラフルなビタミンカラーが食欲を増進させてくれる要素の1つにもなっています。

 

そして、旬の野菜って不思議なことに、旬の季節に必要な栄養素がたっぷり含まれています。

 

夏野菜は水分を多く含んでいるものが多いので体を冷やす効果があったり、汗をかくと失われやすいカリウムを多く含んでいたりするものも多く、つまり、夏バテ予防にとっても効果的なんですねー!

 

今は通年いつでも手に入る夏野菜ですが、旬の時期が最も栄養素が高いので

ぜひ旬の野菜をたっぷりとりたいですね。

 

私は脚がむくみやすく、むくみを放っておくと確実に太くなるのでマッサージをしたり、きゅうりを食事に取り入れるようにしています。

きゅうりにはむくみを解消する効果がありますので、スライスしたきゅうりとビタミンたっぷりのレモン、はちみつなどをミネラルウォーターに入れてデトックスウォーターを飲むのも効果的です。

 

ただ、きゅうりは体を冷やす作用もありますので、冷え性の方はとりすぎに注意が必要かもしれません。

 

 

今回ご紹介するレシピに使う「なす」には、ビタミン類はわずかしか入っておらず、栄養素はさほど期待できないのですが、なんといっても「なす」のほとんどは水分で出来ているので、体をクールダウンしてくれて夏バテ予防には効果抜群。

利尿効果も期待できますので、むくみ防止にもなりますよ。

(どんだけむくみを気にしてんねん 笑)

 

さらにビタミンが豊富で消化吸収が良いとされる豚肉も使用しているので夏バテ予防にはぴったりのレシピではないかと思います!

 

うんちくが長くなってしまってすみませんw

ではレシピいきまーす。

 

 

おいしく夏バテ予防!  豚肉となすの塩あんかけ

 

【材料】(4人分)

豚こま切れ肉…250g

なす…小2本

ピーマン…1個

玉ねぎ…1/2個

★水…300ml

★片栗粉…大さじ1

★顆粒鶏がらスープの素…小さじ2

★塩…小さじ1/2

 

【作り方】

1.なすは縦半分に切って斜め1cmの細切りにする。ピーマンは細切りに、玉ねぎはくし形切りに、豚肉は食べやすい大きさに切る。★の材料は合わせてよく混ぜておく。

 

2.サラダ油(適量・分量外)を熱したフライパンで豚肉を炒める。肉の色が変わったら、なす、玉ねぎを加えて炒め、しんなりしたらピーマンを加えてサッと炒める。

 

3.合わせた★を再度よく混ぜてから加え、とろみが出るまで混ぜながら煮る。

 

あっさりしてとっても食べやすく、ごはんもすすむ味ですので、ぜひお試しくださーい!


編集部おすすめ

たっきーママの子育てレシピノート

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • サポーター募集

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」