【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

  • トップページ
  • 生活・しつけ >
  • 子どもの長引く咳、原因は何?[2016/10/18]

生活・しつけ

年長 2016年10月18日の記事

子どもの長引く咳、原因は何?[2016/10/18]

《子どもの長引く咳の診断・前編》 咳の種類や咳が続く長さで原因がわかることも

1018_pixta_18289382_s

 

子どもの長引く咳が気になって医師の診断を受けるとき、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

 

東京都立小児総合医療センター 呼吸器科医長・宮川知士先生に、咳の種類による原因についてお話を伺いました。

 

 

●子どもの長引く咳は、まず感染症を疑う

 

咳には、どのような種類があるのでしょうか?

 

宮川 「乾いた感じの咳、痰がからんだ湿った咳などがあり、さまざまな原因が考えられます。一般的に、カゼによる咳は治りかけに出ることが多く、3~4日、または1週間続くケースも見られます。

 

また、気管支炎、肺炎(※)など、下気道に問題があれば治るまでに数週間~1か月以上かかることもあります。

 

※気管支炎や肺炎は、最初は乾いた咳が出て、次第に痰の出る湿った咳へと変わって回復していくケースが多く見られます。子どもの長引く咳が気になるようであれば、呼吸器専門の医師に相談しましょう。

 

診察を受けるとき、子どもの咳の状態、何がきっかけで起こったか、どれぐらい続いているか、どんなときに起こるかなどを伝えてください。

その上で、胸部の聴診のほか、必要に応じて血液、X線、内視鏡などの検査を行なって診断をします。

 

また、子どもの咳の原因として第一に疑うのが、ウイルスや細菌などに感染することによって起こる “感染症” です。放っておくと症状が悪化することがあり、注意が必要です。

 

感染症としては説明がつかない場合には、アレルギー症状が関係しているのか… など、さまざまな原因を考えていきます」

 

ひとことに咳と言っても、いろいろな原因が考えられるのですね。

 

次回は、「咳の出るタイミング」と「感染症を防ぎ、のどを守る方法」についてお話を伺います。

 


関連記事はこちら

子どもの咳がなかなか止まらないのはどうして?

発熱後に咳が続くなら、マイコプラズマ肺炎の可能性も

カゼだけではない!? 咳が出る理由を教えて!

出席停止になる? ならない? 感染症まとめ

ノロウイルスの潜伏期間は? どんな症状が出るの?

 

 

 

 毎週木曜にメルマガ発信中!

ご登録はこちらから↓

mailcp

 

 

ツイッターもやっています!

フォローはこちらから↓

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • サポーター募集

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」