【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

  • トップページ
  • 学校・まなび >
  • ★子どもも5月病? 体調管理に配慮を [5/12]

学校・まなび

小学1年生 2014年5月12日の記事

★子どもも5月病? 体調管理に配慮を [5/12]

《ママノート便り》入学から続いた緊張状態がGWで疲れとして出ることも。暑くてバテないように体調を管理してあげましょう。

4110_img_01

 

 

こんにちは、小学校現役教員の舟山由美子です。

 

GWはどこかに出かけられましたか?

親御さんから

「小学1年生のGWは、学校を休んでまであまりお出かけしないほうがいいですか?」

と聞かれることがあります。

 

教員でもいろいろ意見が分かれるところではありますが、私は、

「親子で出かけられるのも小学生の今のうちくらいだと思います。どうぞ楽しんできてください」

とお答えしています。

実際、高学年にもなると、子どもも行きたがらなくなる…という話はあるようですよ。

 

おじいちゃん、おばあちゃんの家で親戚に会ったり、お出かけした先でさまざまなことを感じたり、日常ではできない体験が子どもを成長させるということもあります。

お出かけは決してマイナスにはならないと思いますので、休み明けに疲れを残さない程度に思い切り楽しんでくださいね!

 

 

●春に運動会がある学校は、GW明けから本格的に練習が始まります

 

さて、春に運動会を行う学校も多くなっていますが、我が校は、運動会が5月にあります。

あと一か月もないわけです。

休みが明けたら、運動会の練習が本格的にスタートします。

 

5月といえども、例年日差しが強く暑い日が多く、運動会の練習が重なってくるとバテてしまう子どももいます。

 

運動会がない学校でも、入学から緊張が続いていた小学1年生では特に、連休明けでグターっとしてしまう子が見られます。

朝礼などで外に並んでいるときに倒れてしまう子、給食を戻してしまう子、体力がまだない1年生は特に心配です。

 

親御さんには、この時期の体調管理に気を配ってあげてほしいと思います。

よく食べ、よく眠る。これが、環境が変わっても、暑くなってもケロッと過ごせる体を作る基本です。

運動会の練習が忙しくなってもケロッと過ごせる子どもって、私はどんな特技より「すごい!」と思います。

 

 

●疲れと暑さに負けないように、好き嫌いなく食べさせましょう

 

暑い中、運動会の練習をしなければなりませんが、私は暑さに負けないよう、給食に夏みかんなどが出ると 
「みんな、夏みかんは必ず食べようね!」

と声をかけます。

フルーツのビタミンが、暑さや疲れを和らげてくれると思うからです。

午前中にたくさん練習した後などは、それまで食べたがらなかった子もしっかり食べたりします。

体が欲しているのかな、と思います。

フルーツだけでなく、学校給食のメニューは行事での活動を考慮して、そういった子どもの体のことも考えてつくられているわけですね。

 

 

●これ、どうやって食べるの?
 
4110_img_02
 

学校給食では、いろいろなフルーツが出ます。

子どもはフルーツが大好きですから喜んで食べますが、中には、学校給食で初対面というフルーツもあるようです。

 

例えば、この時期だと、給食で「びわ」が出ることがあります。

多くの子が、見たことがなかったようで

「これ、なあに?」

「どうやって食べるの?」

と聞いてきました。

 

フルーツや野菜で季節を感じることができます。

こうした感覚も「生活科」の授業では大事な学びとなります。

 

なにより、旬の食べ物はやはりおいしいですよね。もし、お子さんと一緒に買い物に行くことがありましたら、季節のフルーツや野菜を見ながら親子で会話を楽しんでほしいと思います。

これも、子どもの好き嫌いをなくす方法だと思いますよ。

 

 


他記事はこちら

 

★給食って、全部食べなければいけないの?

★友だちたくさんできるかな?(……ちょっと心配)

★子どもの話をタップリ聞いてあげましょう

★えっ、何が起こったの!? 入学直後のドッキリ事件

★家庭訪問における「鉄則」とは?

 

 

 

 毎週木曜にメルマガ発信中!

最新記事を毎週配信

ご登録はこちらから↓

mailcp

 

ツイッターもやっています!

フォローはこちらから↓

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • サポーター募集

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」