【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

  • トップページ
  • 生活・しつけ >
  • ☆食事まわりや身支度の自立、どこまでできていますか?[2016/10/6]

生活・しつけ

年長 2016年10月6日の記事

☆食事まわりや身支度の自立、どこまでできていますか?[2016/10/6]

《入学までにクリア1》 ささいだけれど、できるようになっておきたい大切なこと

 

1006_pixta_15943066_s 

こんにちは、ママノート編集部です。 
 
年長さんは入学までいよいよ半年を切りました。 
入学準備のほどはいかがですか? 
 
鉛筆の持ち方やひらがなの読み書き、時計のよみかたといった、学習面に結びつきやすい事柄の練習に励みやすいですが、和式トイレの使い方 や、雑巾の正しい絞り方 といった生活面の準備、遅れがちなのではないでしょうか? 
 
今回は、そんな生活面の入学準備のなかでも、特にあまりよそでは取り上げていないような “細かすぎる”(?)入学までにできるようになりたいことについて、ご紹介します。 
 
 
●小学校の先生は一人ひとりまでケアできない! 
 
副担任の先生がいたとしても、小学校にあがると園時代ほど、先生からのフォローは期待できません。 
身の回りのことはすべて自分でできるようになっておきたいもの。 
 
ママがつい手伝ってしまっていることを振り返ってみましょう。
 
 
 
着替え → 脱いだ服をたたむ → きちんとした身支度 
 
体育の時間や身体測定など、小学校では園時代以上に着替えるシーンが増えます。 
 
いままでのように誰かが手伝ってくれることはないので、着替えたあと、脱いだ服を畳む、畳んだ服や体操服をバッグにきちんと片づける、までをひとりでできるようになっておきましょう。 
 
気を付けたいのが、服の着こなし。 
シャツがペロンッとズボンやスカートからはみ出ていたり、ポケットの内布がだらしなく出ていても、お母さんや園の先生のようにやさしく注意してもらえません。 
 
きちんとした身支度を自分でできるよう、今から練習しておきましょう。
 
 
 

3917_img_02

 
 
トイレや着替え後の「あるある」。自分で気づいて直せるようになりましょう。 
 
 
●食事まわりのことは、1年生は戸惑いがち! 
 
ゼリーやプリンのふた、ふだんはママが開けてあげていませんか? 
 
子どもが開けると力加減がわからず、汁をこぼしたり、飛ばしたり、ふたを下にして机に置いたりするから、ママがついつい手を貸してしまうこと… ありますよね? 
 
小学校にあがると、もちろん先生はそんなことに手を貸してくれません。 
 
給食に、ゼリーやプリンはよく出てきます。 
年長さんのうちにじょうずな開け方を覚えておきましょう。 
 
また、ふりかけもこぼしたり、ごはんにじょうずにふりかけられなかったりするので、つい手を貸してしまう…。 
そんなママも多いはずです。 
 
ふりかけも給食によく出てきます。 
小袋タイプのふりかけのじょうずな開け方、そしてごはんへのかけ方を、練習しておきましょう。
 
 
 

3917_img_03

 
 
こぼさないように、かつ、ごはんの上にまんべんなく… これが小学1年生には難しい!? 
 
そのほか、ソースの袋を切って開けてかける、みかんの皮をむく、ストローを袋から出す、牛乳瓶のふたを開ける、魚の骨をとってから食べる、といった、ママが思わずやってあげていたことを、1年生はいきなり自分でやらないといけなくなります。 
 
年長さんの後半になったこれから、少しずつ自分でできるようになっておけば、入学後に子どもが困りません。 
 
 
次回も、入学までにできるようになっておきたい “細かい” ことをご紹介します! 
 
(ママノート編集部)
 


関連記事はこちら

無料プリント! 小学校「入学準備」ドリル・シート

きのかんち「まいぺーす入学準備マンガ」第7回《早寝早起きできるよ》

入学準備の本格スタート! 就学時健康診断

自分で物事を決められるようにするには?

 

 

 

 毎週木曜にメルマガ発信中!

ご登録はこちらから↓

mailcp

 

 

ツイッターもやっています!

フォローはこちらから↓

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • 学研ほたるネット

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」