【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

レシピ

2013年2月2日の記事

旬の食材で子どもごはん【いちご】

ビタミンCたっぷりの「いちご」を使って、簡単和風おやつ『いちご大福』、手づくり『いちごジャム』を作りましょう!

3348_img_01


今回は、栄養士森野恵子先生に、「いちご」を丸ごと使った和風おやつ『いちご大福』のレシピをご紹介いただきました。


電子レンジでチンしてできるから簡単!
「いちご大福」




【材料】(6個分)
 いちご…6個
 こしあん…120g
 白玉粉…100g
 砂糖…50g
 片栗粉…適量

(1個分 157kcal)



【作り方】
1 いちごはへたを取る。こしあんを6等分し、いちごのへたのほうから包むように、それぞれくっつける(下写真参照)。

3348_img_02
 

2 耐熱性のボウルに白玉粉と砂糖を入れて混ぜ合わせ、水3/4カップ(130~150ml)を少しずつ加え、ダマをつぶしながら混ぜる。液状になったら、ざるなどでこす。


3 2にラップをかけ、電子レンジ(500W)で2分加熱する。取り出してラップを外し、ゴムベラで手早くさっくりと混ぜる。ラップをかけ、さらに電子レンジで2分加熱する。


4 3をゴムベラで手早く全体を混ぜ、もち状にする。


5 片栗粉をバットに広げ、 4 をのせて片栗粉を全体にまぶして6等分する(もちが熱くなっているので注意しましょう)。


6 5を手のひらにとり、 1 をあんがついていないほうから包み、丸く形を整える。全部で6個作る。

 



《森野先生の食育POINT》


「いちご」には、ビタミンCが豊富に含まれます。皮をむく手間もなく、小さな子どもにも手でつまんで食べやすい果物なので、手軽にビタミンCをとることができます。


ただし、ビタミンCは水溶性のビタミンなので、一度にたくさん食べても余剰分は体外に排出されてしまいます。
朝、昼、夕の食後のデザートに3粒ずつ食べるなど、こまめに効率よくとるのがおすすめです。


今回するレシピは、甘酸っぱくジューシーないちごが丸ごと入った「いちご大福」です。
電子レンジで簡単にできるので、ぜひお子さんと一緒に作ってみてくださいね。

 



《食材メモ》 
 いちご

3348_img_03

●栄養データ
いちごには、ビタミンC、食物繊維、葉酸などが含まれています。ビタミンCは抗酸化作用があり、カルシウムや鉄分の吸収を助ける働きもあります。


●おいしい「いちご」の見分け方
・へたが緑色でみずみずしいもの
・種のツブツブがくっきりしているもの
・表面にハリがあり、赤い色が鮮やかなもの

 



●「いちごジャム」作りにトライ!

3348_img_04

【材料&作り方】(作りやすい分量)
1 いちご300gは洗ってへたを取り、4等分に切る。

2 鍋(あればホーローの鍋)にいちごを入れて弱~中火にかけ、水分が浮いてきたら砂糖150gを3~4回に分けて入れ、木ベラなどでよく混ぜる。

3 焦がさないように混ぜながら20分ほど弱~中火で煮詰め、もとの半量ぐらいまで煮詰まったら、煮沸して感想させたビンに詰めて冷蔵保存する。保存期間は3か月。

3348_img_05


撮影/勝倉崚太

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • サポーター募集

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」