【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

  • トップページ
  • 週末・その他 >
  • 子どもが小学生の今からでも、学資保険に入れるの?

週末・その他

小学1年生 2013年1月24日の記事

子どもが小学生の今からでも、学資保険に入れるの?

《学資保険3》学資保険は早く加入したほうが有利。小学生の親は、条件をよく理解して利用を。

3332_img_01

 

子どもが小学生になってから、先々の教育資金が心配になり、「これから学資保険を検討したい」という家庭もあると思います。小学生からの学資保険選びについて、ファイナンシャル・プランナー(FP)鈴木さや子さんにうかがいました。

 

子どもが小学生になってから、学資保険を組む場合に注意することはありますか?

 

鈴木 「まず気をつけなければならなのは、子どもの年齢制限です。
ほとんどの学資保険には、加入する子どもの年齢に制限があります。

いちばん多いのは、対象年齢が6歳、7歳までという商品で、早いものだと5歳までというものがあります。
もちろん遅いものもあり、11歳や15歳という商品もありますが、1年生頃までがラストチャンスになるケースが多いので
加入の希望があるなら、早く検討を始めてください」

 

対象年齢の範囲内ならば、0、1歳で加入しても、小学生になってから加入しても、変わりはありませんか?

 

鈴木 学資保険は、早い時期に加入したほうが有利になります。
子どもが0歳と6歳では、6歳のときのほうが契約者(親など)の年齢も高くなっているため、それだけ保険料が高くなります。

また、同じ金額を貯めるとしても
0~17歳の17年で用意するのと、
6~17歳の11年で用意するのでは、
期間が短いほうが月々の負担も重くなります。

例えば、ある保険会社の例では、
夫30歳、子0歳で、17歳満期、受取総額300万円の学資保険に加入した場合、
月々の保険料は1万3500円近く。
それが夫36歳、子6歳になると、
保険料は月2 万2000円近くになります。

比較してみると、子どもの年齢が上がるほど不利な条件が増えるのは事実です。
それでも、積立など他の方法で教育資金を用意する自信がないという場合は、学資保険も十分、検討の余地があると思います」

 

目的や保険料などの条件を理解して利用すれば小学生の保護者にとっても、学資保険は意義があるのですね。
では、鈴木さんおすすめ学資保険には、どんなものがありますか?

 

鈴木 「小学生が加入できる学資保険ということで考えると、
貯蓄性が高いものにはアフラックの『夢みるこどもの学資保険』があります。
加入年齢は7歳までで、高校進学時と、大学4年間に毎年保険金が受け取れるのが特徴です。

子どもの年齢が5歳までであれば加入でき、保険料を10歳までに払い終える10歳払い済みの場合、とても戻り率がよくなりますので、(ただし、1回当たりの保険料は高くなります)下のごきょうだいがいらっしゃるようなご家庭によいでしょう。

もう一つ、きょうだいがいるご家庭に向いているのが、フコク生命の学資保険『みらいのつばさ』です。
加入は7歳まで。

貯蓄性が高く、大学の学資金は入学前の11月に支払いと決まっているため、推薦入試などにも無理なく対応できます。
注目は、保険料のきょうだい割引がある点です。
きょうだいで加入した場合、満期保険金10万円につき、月10円の保険料割引が受けられます。
こうした割引は他社の商品には例がなく、このフコク生命ならではの利点です。
(ただし、契約者は同じ場合など、所定の条件があります)」

 

きょうだい割引はいいですね!
就学前の幼いきょうだいがいる場合、一緒に学資保険を検討しておくとより有利に加入できますね。

 

鈴木 就学前のお子様がいるご家庭では、ソニー生命の『学資保険』もいいですね。
加入年齢は5歳までですが、貯蓄性が高いのが特徴です。

満期時の他に、中学、高校、大学進学時にそれぞれ進学学資金が受け取れる『Ⅰ型』と、
大学進学時(満期が20歳・22歳の場合は満期時も)に学資金が受け取れる『Ⅱ型』があり、
Ⅱ型のほうが、戻り率がよくなっています」

 

郵便局にも学資保険があるようですが、どんな特徴がありますか?

 

鈴木 貯蓄性よりも保障を重視しているのが、かんぽ生命の『新学資保険』です。
子どもの死亡保険金がセットされているほか、特約で入院・通院の保障や契約者が死亡したときの保障である育英年金をつけることもできます。

現在、かんぽ生命では、学資保険の死亡保障を減らしてその分保険料を安くすることを議論していますが、実現のほどははまだ不透明です。
 

いずれにしても、気になった商品は各社のホームページで調べたり、電話等で問い合わせたりして、十分に理解・納得してから契約しましょう」

 

各ご家庭のニーズに合った商品を探して調べてみましょう。

※内容は2013年1月現在のものです。

 


学資保険に関する記事はこちら
学資保険って何? 入っていないとダメ?
学資保険に入りたいけど、どう選べばいいの?
今、入っている学資保険、このままでいい?

 

 

 毎週木曜にメルマガ発信中!

ご登録はこちらから↓

mailcp

 

 

ツイッターもやっています!

フォローはこちらから↓

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • 学研ほたるネット

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」