【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

  • トップページ
  • 学校・まなび >
  • ☆入学までに机に向かう習慣づけを[2016/12/26]

学校・まなび

年長 2016年12月26日の記事

☆入学までに机に向かう習慣づけを[2016/12/26]

《舟山先生の入学準備通信 その8》 まずは20分を目標に。無理せず少しずつ慣れさせてから、少しずつ慣れさせていきましょう。

1226_pixta_3439682_s 

小学校の授業は、ひとコマが45分。
そのあいだは継続して、机に向かっていられる集中力が必要です。

でも、入学後に突然そう求められても、多くのお子さんは戸惑ってしまうもの。

 

入学までに、机に向かうことに慣れておくには、どうすればいいのでしょうか。
現役小学校教諭舟山由美子先生に、お話をうかがいました。

 

舟山 「まず、入学してすぐに45分間座りっぱなしで、何コマも授業を受けることはほとんどありません。

家庭での課題や宿題も、1年生が学校にだいぶ慣れてから、10~20分程度でできるものを出す場合が多いです。

 

ご安心いただいたうえで、入学前に、家庭で机に向かう練習をしてみましょう。
この練習には
●学校で机に向かって座ることに慣れる
●宿題など、家庭で勉強する習慣をつける
という2つの目的があります。

 

家庭での学習時間の目安は『学年の数×10+10(分)』とされています。

 

1年生の学習時間の目安は20分なので、最終的にはこのくらい向かっていられることをめざし、お子さんのペースでのんびり慣れさせていきましょう。

 

決してムリせず、『できたらほめる』くらいのスタンスでかまいません。

 

練習は、入学後に勉強する場所で行うといいですね。
もう学習机を用意されていたら、その机で行います。
最近では、親御さんの目が届くリビングやキッチンのテーブルで勉強するご家庭が多いので、そのような場所でもよいでしょう。

 

まずはテレビやゲームの電源をオフにして、気が散る音や映像をなくします。
周囲に食べ物なども置かず、集中しやすい環境を整えてください。

 

お子さんには『もうすぐ小学生だね。学校みたいに、机で本を読んでみようか』
『時計の針がここにくるまで、机の前で座っていられるかな?』
など、気楽な雰囲気で声をかけます。

 

そして、絵本を読むのでも折り紙でもぬりえでも、好きなことをさせましょう。
『あ~、楽しかった!』と子どもが言うようなことから始めてほしいのです。

 

そのとき、親御さんがそばに座って家事をしていたり、読書などをしていたりすると、子どもは呼吸がゆったりして落ち着きます。

 

最初は、3分でも5分でもいいのです。
たくさんほめて、だんだんと時間をのばしていってください。

慣れてきたら鉛筆を持ってなぞり書きなど、
学習に関連するものに移行していけるといいですね。

 

机に向かっていられた日はカレンダーに印をつけたり、シールを貼ったりします。
それといっしょに継続時間や行ったことを書き込んだりするのもおすすめです。
子どもも見てはっきりとわかるため、達成感が得られて励みになるでしょう。

 

また、それを取っておけば、後になってから、『この時期にこんなことを子どもと一緒にしたな』と振り返ることができる、思い出の品になると思いますよ」

 

練習を続けるポイントは、一人ひとりに合ったやる気アップ法を上手に見つけることですね。


楽しみながら、実践していきたいと思います。

 


前回の記事はこちら

入学を待つ間の「心の準備」も大切です

次回の記事はこちら

入学準備の今こそ、早寝早起きの習慣づけを!

 

関連記事はこちら

落ち着きがない子、学校で座っていられる?

学校が楽しみになる絵本はこれ!

集中力や人の話を聞く力を育てる絵本はこれ!

 

 

 

毎週木曜にメルマガ発信中!

ご登録はこちらから↓

mailcp

 

 

ツイッターもやっています!

フォローはこちらから↓

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • スルリと溶け込む、大人のナチュラル服 シュルリ

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」