【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

  • トップページ
  • 生活・しつけ >
  • ★親野智可等の「今日から叱らないママ」第4回 [5/11]

生活・しつけ

小学1年生 2015年5月11日の記事

★親野智可等の「今日から叱らないママ」第4回 [5/11]

どうしたら、食後の歯磨きができるようになるのか?

pixta_4912435_S

 

●歯磨きを忘れてしまう

 

家庭において、日々子どもを叱り続けている親がたくさんいます。親にとっても子にとっても辛く、親子関係の崩壊に至ることにもなりかねません。

 

それはやめた方がいいと思います。

 

それよりも、合理的な工夫で叱らないシステムをつくってみてください。

 

わかりやすい例を出します。

 

例えば、なかなか食後の歯磨きをしない子がいたとします。

どうしたら、磨くようになるのでしょうか?

 

できる工夫はたくさんありますが、一つの例を挙げてみます。

 

 

●お箸と一緒に歯ブラシも並べておく

 

みなさんが食事の支度で食器やお箸を出すとき、ついでに歯ブラシも出して並べておきます。歯磨きセットでもいいですが、食卓に置くのに抵抗がある場合は、歯ブラシだけでもいいでしょう。

 

歯ブラシだけでもちょっと抵抗のある人はいるかも知れません。でも、そこに出ていれば食後に歯を磨く可能性は跳ね上がります。そして、磨いていたらほめます。

 

「このごろ自分で磨けるね。立派、立派」

「うん、自分で磨ける」

出してあげたおかげですが、それはお互い触れません。

 

これを一週間続けます。

一週間くらい経ったら、ある日歯ブラシを出すのをやめてみます。つまり、ちょっと手を離してみるのです。

 

それで磨けたら、さらにほめます。磨けなくなったら、また出してあげればいいだけです。

あるいは、自分ではじめから歯ブラシを出すようにしてもいいですね。

 

そこで、いちいちイヤミを言ったり叱ったりする必要はありません。

 

 

●無理に手を離す必要はない

 

これらの流れを書き出すと次のような4段階になります。

 

1,できるように工夫する

2,できたらほめる

3,少しだけ手を離してみる

4,ダメならもう一回、あるいは別の工夫をする

 

この4段階はいろいろな面で応用可能です。

 

ただし、とくに急いで次の段階に進む必要はありません。歯ブラシが出ていないと磨き忘れてしまうなら、無理に手を離さず、出し続けてあげればいいだけのことです。

 

そんなことで、また叱る材料を増やす必要はありません。

 


前回の記事はこちら

親野智可等の「今日から叱らないママ」第3回 [4/27]

 

他記事はこちら

親野智可等の「今日から叱らないママ」

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • サポーター募集

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」