【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

レシピ

2013年1月19日の記事

旬の食材で子どもごはん【みかん】

旬の「みかん」を使って、カゼ予防にぴったりの『はちみつHOTみかネード』を作りましょう!

2889_img_01

 

 
今回は、栄養士森野恵子先生に、旬の「みかん」を使ったビタミンCたっぷりの簡単ドリンク『はちみつHOTみかネード』レシピをご紹介いただきました。 
 

しょうがを加えて、さらに体ポカポカ! 
「はちみつHOTみかネード」

 
 
【材料】(4人分) 
 みかん…2個 
 はちみつ…大さじ1と1/2(好みで量を調整してください) 
 しょうがの薄切り…5g

 (1人分 83kcal)

 
 
【作り方】 
1  小鍋に水1/2カップ、はちみつ、しょうがの薄切りを入れて火にかける。 
   沸騰したら茶こしなどでこし、カップに等分して注ぎ入れる。

2  みかんは横半分に切ってしぼり器でしぼる。 
  1 のカップに等分して注ぎ入れ、よく混ぜ合わせる。

 
 


 
《森野先生の食育POINT》

 
旬の野菜は果物には、その季節に体が必要とする栄養が豊富に含まれています。 
冬が旬の「みかん」もその中の1つ。ビタミンCの手軽は補給源としてカゼを予防し、健康を支えてくれます。

 
1~9歳の子どもであれば、1日に2個食べれば1日のビタミンCの必要量をとることができます。 
そのまま食べるのはもちろん、今回紹介する「はちみつHOTみかネード」で冷えた体を温め、カゼを予防するのもおすすめ。 
小鍋で加熱してはちみつを溶かし、体を温めるしょうがを加えます。みかんは、なるべく飲む直前にしぼって混ぜ合わせましょう。ビタミンCの損失を抑えることができます。

2889_img_02

 


 
《食材メモ》 
 みかん

2889_img_03

 

●栄養データ 
みかんにはビタミンCが豊富で、カゼの予防に有効。 
ビタミンA、カリウムなども含まれます。そのほか、疲労回復効果のあるクエン酸も含有。

 
●おいしい「みかん」の見分け方 
・皮にツヤがあり、薄くしっとりとしているもの 
・皮がフカフカしていないもの 
・ヘタが小さめで、やや黄色がかっているもの

 
●捨てずにエコ! みかんの皮の活用法

活用法1 
 紅茶にみかんの皮を加え、 柑橘のフレーバーティーに!

2889_img_04

ティーポットに紅茶を入れ、よく洗ってからちぎったみかんの皮適量を入れて1分ほどおきます。柑橘のさわやかな香りのする紅茶に。 
 
 

活用法2 
 入浴時、湯船のお湯にみかんの皮を浮かべて、みかん湯に!

2889_img_05

みかんの皮をネット(洗濯用のネットなど)に入れ、湯船の中のお湯に浮かべます。みかんの皮に多く含まれるリモネンが血行を促進し、体を温めます。

 
撮影/勝倉崚太

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • サポーター募集

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」