【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

  • トップページ
  • レシピ >
  • 旬の食材で子どもごはん【ブロッコリー】

レシピ

2012年12月15日の記事

旬の食材で子どもごはん【ブロッコリー】

旬の「ブロッコリー」を使った『ブロッコリーとソーセージの食パンプディング』を作りましょう!

2869_img_01

 

今回は、栄養士森野恵子先生に、旬の「ブロッコリー」を使ったおかず『ブロッコリーとソーセージの食パンプディング』レシピをご紹介いただきました。 
 

 
こんがりアツアツ。食べごたえも充分! 
「ブロッコリーとソーセージの食パンプディング」

 
 
【材料】(4人分) 
 ブロッコリー…1株 
 ウインナーソーセージ…8本 
 食パン(6枚切り)…2枚 
 卵…4個 
 牛乳…4カップ 
 塩…小さじ1/2

(1人分 404kcal)

 
 
【作り方】 
1  ブロッコリーは小房に分け、耐熱皿に並べてラップをかけ、電子レンジ(500W)で1分加熱する。ソーセージは3~4等分に切る。食パンはひと口大に切る。

 
2  ボウルに卵を割り入れ、牛乳、塩を加えてよく混ぜ合わせる。

 
3  2人分用の耐熱皿を2つ用意し、ブロッコリー、ソーセージ、食パンを1/2量ずつ並べ、2 を1/2量ずつ流し入れる。

 
4  オーブントースターは30秒ほど温めておく。トースターの天板に3を1皿のせて、上に耐熱皿より大きく切ったアルミホイルをかぶせる。天板に、溢れないように気をつけながら浅く湯を注ぎ、20分ほど蒸し焼きにする。

 
5  アルミホイルを外し、様子を見ながらさらに2分ほどこんがりと表面を焼く。同様に、もう1皿を焼く。 
 


 
《森野先生の食育POINT》

 
ブロッコリーは、サラダやつけ合わせなどに使うことが多い野菜ですが、添え物だけでとるのはもったいない、栄養たっぷりの緑黄色野菜です。 
豊富に含まれるビタミンCは、カゼを予防するほか、美肌作りにも活躍します。

 

ゆですぎるとビタミンCが損失しやすくなるため、焼いたり、蒸したりする調理がおすすめです。 
今回紹介する「ブロッコリーとソーセージの食パンプディング」は材料を切って並べ、卵液を注いでトースターで焼くだけの簡単おかずです。 
卵液を注いだ状態から、ふくらんで焼き上がったところをぜひ子どもに見せてあげてください。

 
2869_img_02  


 
《食材メモ》 
 ブロッコリー

2869_img_03

 
 
●栄養データ 
ビタミンC、E、β-カロテンを多く含み、カゼ予防や美肌作りに役立ちます。 
ビタミンB2は疲れにくい体を作るのに有効。妊娠中に意識してとりたい葉酸も含みます。

 
●おいしい「ブロッコリー」の見分け方 
・緑が濃いもの 
・つぼみがこんもりとして密集しているもの 
・茎の切り口にス(小さな穴)が入っていないもの(下写真参照)

2869_img_04

 
●おいしさをキープする冷凍保存法  

2869_img_05
2869_img_06

 

ブロッコリー1株は小房に分け、水で洗う。水けをきらずにそのまま耐熱容器に並べ、塩少量をふってラップをかけ、電子レンジ(500W)で50秒~1分加熱する。 
ラップを外し、粗熱をとってから冷凍用保存袋に入れて冷凍。約1か月で使い切る。

 
撮影/勝倉崚太

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • サポーター募集

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」