【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

  • トップページ
  • 生活・しつけ >
  • ★親野智可等の「ママも小学1年生」第8回[2016/8/1]

生活・しつけ

小学1年生 2016年8月1日の記事

★親野智可等の「ママも小学1年生」第8回[2016/8/1]

傘、水泳バッグ、お箸、布巾…学校からの持ち帰り忘れを防ぐためにできることは?

 

0801_pixta_19740174_S 

 

●傘、水泳バッグ、給食セットなどが・・・

 
7月くらいになると、1年生の子どもたちもかなり小学校に慣れてきます。 
すると、学校に忘れ物をすることが増えます。 
つまり、家から学校に持ってきた物を持ち帰らずそのまま学校に忘れていくのです。

 
そのせいで家に帰る度に叱られる子もいます。

 
よくあるのがお箸や布巾などの給食セットです。 
これは机の横に掛けてあることが多いので、忘れやすいようです。

 
金曜日などには上靴を忘れていく子も多いです。

 
傘を忘れる子も多いです。 
朝は雨模様だったけど帰りは晴れていた、などというときは本当に多いです。 
このパターンのお天気が続くと、靴箱周辺の傘置き場は悲惨な状態になります。 
たまった傘を3本くらい持って下校する子もいます。

 
体育着、水泳着とタオルなどもよくあります。 
使った水泳着やタオルを長時間そのままにしておくと、カビが生えやすくなります。 
においもすごいことになります。

 
下校途中に気づいて取りに来る子もいます。 
でも、こういうとき子どもは急いで走ってくるのでかなり危険です。 
慌てたり急いだりしているとき、子どもは視野が狭くなり周りが見えにくくなるからです。

 
 
 
●学校でできる工夫

 
こういったことを防ぐために先生たちもいろいろな工夫をしています。 
私がやっていたのは、帰りの会の時に係の子が確認の指示を出す方法です。 
ちゃんと持ち帰る物を持ったか聞いて、しかも隣の子も持ったかをお互いで確認させていました。

 
係の子 「給食セットを入れましたか?」 
みんな 「はい、入れました」 
係の子 「隣の人が入れたか見てください」 
みんな 「はい、見ました」 
係の子 「水泳バッグは持ちましたか?」 
みんな 「はい、持ちました」 
係の子 「隣の人が持ったか見てください」 
みんな 「はい、見ました」 
ある子 「先生、先生、ゆうちゃんが水泳バッグが 
      見つからないって言ってます」 
私      「みんなで探してあげて」 
別の子 「先生、廊下にゆうちゃんの水泳バッグが  
      落ちてました」 
別の子 「先生、ベランダにもゆうちゃんの 
      水泳バッグがありました」 
別の子 「先生、本棚の横にゆうちゃんの靴下が 
      ありました。カチンカチンに固まってました」

 
 
 
●家でできる工夫

 
さて、親としてはどうしたらいいでしょうか? 
ただ口で叱るだけでは、できるようになりません。

 
子どもが忘れなくて済むような工夫をすることが大切です。 
例えば次のような方法があります。

 
◎持ち帰る物を付箋紙に書いて数カ所に貼っておく。 
例えば「すいえいバッグ」と書いた付箋紙を、 
予定帳、ランドセルの蓋の内側、靴の 
中などに貼っておきます。

 
◎朝、家を出る前に、持ち帰る物の名前を10回唱えさせる 
「水泳バッグ、水泳バッグ、水泳バッグ・・・」というように、 
大きな声で10回唱えて頭に刻み込みます。

 
あるいは、もう少し具体的に場面を決めて 
5回言うのもいいでしょう。 
「帰りの仕度のとき上靴をカバンに入れる。 
帰りの仕度のとき・・・」というようにです。 
そのとき、その場面を思い浮かべながら 
言うようにするとさらに効果的です。

 
◎イメージトレーニング 
これは、自分がその行動をしている様子を 
イメージ化して頭に焼き付ける方法です。 
朝、子どもに目をつぶらせて次のように言います。 
「授業のあとで帰りの仕度をしているところを 
思い浮かべてごらん。今、カバンの中に何を入れてる?」 
「ええと、教科書とノート」 
「水泳バッグは今どこにあるの?」 
「後ろのロッカーの中」 
「じゃあ、ロッカーに水泳バッグを取りに行くところを思い浮かべてごらん」 
「うん、思い浮かべた」 
「取りに行くところをはっきり思い浮かべながら、 
『水泳バッグを忘れずに取りに行くぞ!』って決意してごらん」

 
このようなイメージトレーニングをしておくと、実際にその場面になったとき思い出しやすくなります。

 
みなさんもいろいろ工夫してみてください。 
親子で一緒に作戦を立てるのは、けっこう楽しいと思います。 
グッド・アイデアが見つかるかも知れません。

 
●こちらもあわせてどうぞ

 

 


関連記事はこちら

学用品の片付けや翌日の準備、親が手伝ってもいいの?

 

親野先生の記事はこちら

「読書感想文」が書きやすくなる3ステップ

 

夏休み特集ページはこちら

【小1】初めての夏休みの過ごし方

 

 

 

  毎週木曜にメルマガ発信中!

ご登録はこちらから↓

mailcp

 

 

ツイッターもやっています!

フォローはこちらから↓

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • スルリと溶け込む、大人のナチュラル服 シュルリ

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」