【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

  • トップページ
  • 生活・しつけ >
  • 入学を機に、習い事をさせたいと考えているのですが

生活・しつけ

小学1年生 2014年3月6日の記事

入学を機に、習い事をさせたいと考えているのですが

《きいて 教えて 舟山先生!》 「入学」も習い事を始めるひとつのタイミングですが、焦らずお子さんのやりたい気持ちを大切に

0976_img_01

 

 

こんにちは、現役小学校教諭の舟山由美子です。

 

3月になりだんだん春めいてくると、なんだか気持ちがワクワクしてきて新しいことに挑戦したくなってきますね。
さらに、新入学のお子さんをお持ちの家庭だと、子どもも親も4月から気分も生活も一新することと思います。
 
そんな前向きな気分で、「子どもに何か習い事を」と考えているお母さまから、ご相談を受けました。
 
 
《今回のお悩み》
 
Q. 小学校入学を機に習い事を始める際、どういったポイントに気をつけて選べばよいでしょうか?
 
この春から小学校入学の男の子の母です。
これを機に、本人が後々楽しんで続けられるような習い事を始めさせてあげたいのですが、選択肢もいろいろあり、何をポイントにして選んでいけばよいのか分かりません。
 
保育園のまわりのお友だちは、既にスイミングやサッカーなどを始めている子も多いですが、我が家はまだ一度も通わせたことがなく、またすごく人見知りするタイプなので、急に初めての場所でなじめるかどうか…。
 

(かえで母)

 
 
A. 子どもが「やりたい」というのを待つ、お友だちを作る目的で習わせる、どちらでもその子に合ったタイミングで始めてみてはいかがでしょうか。
 
もうすぐ入学式。
子どもだけでなく親御さんにとっても、慌ただしくも嬉しい時期ですね。
クラスの子どもたちに、どんな習い事をしているか聞いてみると…
 
〈体育系〉
スイミング・サッカー・バレエ・テニス・野球・体操・剣道・空手・柔道・卓球 など
 
〈文化系〉
ピアノ・バイオリン・書道・そろばん・英語・理科実験・料理 など
 
ざっとこんな感じです。
この他に学習塾に行っている子もいます。
いつから、どれくらい続いているかを聞くと、本当にさまざまです。
 
●一つの習い事をずっと続けている子
●面白そうで始めても、すぐにあきてやめてしまう子 
●いくつかかけもちしていたが、今は一つだけにしている子
 
中には、親御さんが送り迎えしなければいけない習い事もあり、親御さんの都合でやめざるをえないこともあるようですよ。
 
ご相談者は、お子さんにとって、一番ふさわしい習い事は何か、と考えられているのでしょう。
そしてお子さんの可能性を広げたいという思いも、もっておられるのでしょう。
 
ご相談者のお子さんは、人見知りをするということでした。
でも、新一年生の男の子の半分は、最初の頃は “人見知り” の部類に入ると思いますよ。
それが徐々に慣れてきます。
お友達もできて仲良しになり、いろいろ情報交換もします。
 
Aくんがサッカーを習っていたら、自分も習いたいというかもしれません。
水泳の授業が始まって、うまいBくんがスイミングに入っているとわかったら、自分もやってみたいというかもしれません。
その時に考えてもよいかもしれませんよ。
 
また、逆に “人見知り” であるなら、入学前に習い事の仲間を作っておく、という考えもあるでしょうね。
他の友だちより先んじている、ということが、その子にとって自信になるという場合もあるからです。

 

出会う人が “縁” であるのと同じで、どんな習い事を、いつ始めるかも “縁” かもしれません。
あせらないで、まずは、入学前のこの時期を楽しんでみてはいかがですか。
ふと思いがけないところから、思わぬ情報が入ってくるかもしれません。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • 学研ほたるネット

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」