【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

  • トップページ
  • 生活・しつけ >
  • ★子どもの足にぴったり合う靴選びのチェックポイント[2016/11/15]

生活・しつけ

小学1年生 2016年11月15日の記事

★子どもの足にぴったり合う靴選びのチェックポイント[2016/11/15]

《子どもの健康のための正しい靴選び・3》指先が当たらないか、足が左右前後にズレないかなどをチェックして!

 

1115_pixta_24083832_s 

靴売り場で、子どもが靴を試し履きしたとき、「足の指が当たっていない? きつくない?」と問いかける人も多いはず。

 
靴の選び方、試着するときのポイントについて、JES日本教育シューズ協議会 理事長早川家正さんにお話をうかがいます。

 
早川 「子どもの靴は、かかとをきちっと合わせ、横すべりしないように足の甲をヒモや面ファスナーなどで留められるものを選ぶとよいでしょう。

 
【おすすめの靴】 
●靴の長さと幅(太さ)が足に合っているもの 
●足の甲に合わせ、靴ヒモや面ファスナーなどでとめられるもの 
●足指が曲がる位置で屈曲するもの 
●通気性がよい素材のもの 
●靴底がすべりにくいもの

 
特に上履きは、登校してから下校するまで長時間履き続けます。 
足に対する影響も大きく、選び方には注意が必要です。

 
値段の安さだけを優先せず、クッション性や防滑性があり、面ファスナータイプやヒモタイプなど、足にぴったりフィットする、調整可能なものを選ぶことをおすすめします。

 
また、売り場でサイズに合った靴を探し、試し履きするときは……

 

●靴に足を入れたら、かかとを地面につけてトントンし、靴にかかとをフィットさせる。

●靴のヒモや面ファスナーで足の甲の高さに合わせてとめる。

●店内を歩いてみてチェック。

 □ 足指が動かせる? 
 □ 指先が当たらないか? 
 □ 圧迫感や不快感はない? 
 □ 靴の中で足が前後左右にズレない? 
 □ かかとがずれない?

 
靴を試し履きするとき、これらの点をチェックしてみてください」

 
まずは、かかとをしっかり合わせたうえで、指先が当たらないか、足がズレないかチェックすることが大切なのですね。気をつけてみたいと思います。

 
早川 「(公財)日本学校保健会が中心となって行った「児童生徒の足に関する実態調査」では、全体の半数近くの子どもが、大きめの上履きを『ぴったり』と答えています。

 
大きめの靴を履き続けていると、それが『自分に合ったサイズだ』と慣れてしまうことが懸念されます。

 
そうなる前に、お子さんの足のサイズに合う靴を選び、『自分に合う靴の履き心地』を伝えていただきたいと思います」

 
次回は、『正しい靴の履き方』について教えていただきます。

 


これまでの記事はこちら

<正しい靴選び・1>サイズの合わない靴は、子どもの姿勢を悪くする?

<正しい靴選び・2>子どもにぴったりの靴サイズがわかる足計測シート

 

関連記事はこちら

子ども服が命の危険を招く!?

子ども服のJIS規格って、知ってますか?

「速く走れる靴」って本当に効果があるの?

1年生の授業時間って増えているの?

 

 

 

 毎週木曜にメルマガ発信中!

ご登録はこちらから↓

mailcp

 

 

ツイッターもやっています!

フォローはこちらから↓

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • スルリと溶け込む、大人のナチュラル服 シュルリ

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」