【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

  • トップページ
  • 生活・しつけ >
  • あいさつや返事がしっかりできる子は、授業にも集中できる

生活・しつけ

年長 2016年10月31日の記事

あいさつや返事がしっかりできる子は、授業にも集中できる

《舟山先生の入学準備通信 その1》あいさつや返事は授業への気持ちを切り替えにもつながります

1031_pixta_6709594_s

 

小学校に入学する前に、「おはようございます」「さようなら」のあいさつや、名前を呼ばれたときに「はい!」と元気よく返事ができるようになってほしいもの。 
 

子どもに『あいさつ』や『返事』の大切さを伝えるにはどうしたらいいでしょうか? 
現役小学校教諭舟山由美子先生にうかがいました。

 
舟山 「朝、『おはようございます』と元気よくあいさつをして、相手も『おはようございます』と返してくれると、少し眠かったとしても1日のスタートのスイッチが入り、気分がシャキッとしますよね。

 
授業のはじまりのあいさつや終わりのあいさつも、『集中するぞ!』という気持ちの切り替えにつながっているんですよ。

 
お子さんに『あいさつや返事を元気よくはっきりと言うことは、生活のリズムをつくることなんだよ』と、伝えてあげください。 
これは、お子さんが将来、社会に出たときにも必要とされる大切な力です。

 
ある保育園の園長先生のお話ですが、 
『しつけとは、名前を呼ばれたら“はい”と返事することから始まる……。 
名前を呼んだ人に、心と体を向けて返事をすることで相手の言うことが聞ける子になる……。』 
とのことでした。学校もまったく同じだな、と思います。

 
元気のないあいさつだと、授業に取り組むときに気持ちの切り替えができず、ダラダラしてしまうこともあります。 

また、はっきりしない返事は、自分自身も、まわりの友達からも元気をなくします。

 
あいさつや返事ができるようになるために、まずお父さん、お母さんがお手本となって、家庭の中や外でもあいさつをする姿を見せてほしいですね。

 
そのうえで、「お友だちや先生と会ったら、元気よくあいさつをしようね」と言い聞かせてあげてください。 
元気なあいさつができると、たくさん友だちができるようになりますよ。

 
そして、前に比べてちょっとずつでもあいさつができたら、ぜひほめてあげましょう。 
お父さん、お母さんにほめられることで、お子さんもどんどん自信がつくはずです」

 
まずは親が子どものお手本になることが大切なのですね。 
今日から家庭の中でも、元気よくあいさつすることを習慣づけていきたいと思います。 

舟山先生、ありがとうございました!

 


次回の記事はこちら

鉛筆の正しい持ち方を身につけましょう

 

関連記事はこちら

うちの子の引っ込み思案、入学後は大丈夫?

入学準備の本格スタート! 就学時健康診断

小学校の「入学説明会」では何をするの? 持ち物は?

年長児に身につけさせたい“人とかかわる力

自分からあいさつできない子どもに、何と言う?

 

 

 

 毎週木曜にメルマガ発信中!

ご登録はこちらから↓

mailcp

 

 

ツイッターもやっています!

フォローはこちらから↓

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • 学研ほたるネット

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」