【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

レシピ

2012年10月20日の記事

旬の食材で子どもごはん【長いも】

旬の「長いも」を使って、体にやさしい和風おやつ『長いもの抹茶蒸しケーキ』を作りましょう!

2296_img_01

 

今回は、栄養士森野恵子先生に、秋野菜の「長いも」を使った『長いもの抹茶蒸しケーキ』のレシピをご紹介いただきました。 
 

 
すりおろした長いもを生地に入れて、もっちり食感に! 
「長いもの抹茶蒸しケーキ」

 
 
【材料】(直径6.5cmのマフィンカップ8個分) 
 長いも…150g 
 薄力粉…200g 
 ベーキングパウダー…小さじ1 
 抹茶…小さじ1 
 砂糖…80g 
 サラダ油…小さじ2

 (1個分 156kcal)

 
 
【作り方】 
1 薄力粉、ベーキングパウダー、抹茶は万能こし器などでふるっておく。

 
2 長いもは皮をむき、50gは1cm角の角切りにし、残り100gはすりおろす。

 
3 ボウルに 1 、砂糖を入れて混ぜ、 2 のすりおろした長いもを加えて 
  さっくり混ぜる。 
  粉っぽいところから水1/2カップを少しずつ足して混ぜ、 
  さらにサラダ油を加えてよく混ぜ合わせる。

 
4 2 の角切りにした長いもを飾り用に少量取り分け、残りを 3 に加えて混ぜ合わせる。

 
5 紙のマフィンカップを8個用意し、4 を等分して流し入れる。 
  飾り用に残した角切りの長いもを表面にそれぞれのせる。

 
6 5 を蒸気の上がった蒸し器に入れ、中火で10分ほど蒸す 
  (またはラップをして電子レンジ〈500W〉で2分30秒~3分加熱してもよい)。 
  生地に竹串を刺して、生地がついてこなければ火を止め、粗熱をとる 
  (電子レンジで一度に8個加熱する場合は、置く場所を移動して 
  さらに1分ほど加熱し、中までしっかり加熱する)。


 
《 森野先生の食育POINT 》

 
長いもは、滋養強壮によい食材です。でんぷん分解酵素のアミラーゼがでんぷんの消化をサポート。 
さらに、粘り成分のムチンも胃壁の粘膜を保護して、たんぱく質の消化、吸収をよくします。 
 
今回のメニュー「長いもの抹茶蒸しケーキ」は、すりおろした長いもを生地に使った、和風おやつです。 
もちもちとした食感と抹茶の香りを楽しんでくださいね!

2296_img_02


《 食材メモ 》 
長いも

2296_img_03

 
●栄養データ 
主成分はでんぷん。でんぷん分解酵素のアミラーゼが消化を助けます。さらに、粘り成分のムチンがたんぱく質を効率よく消化、吸収させ、体力を増強。

 
●おいしい「長いも」の見分け方 
・表目にハリがあり、皮がなめらかで傷のないもの 
・細かいひげ根がついているもの 
・重みのあるもの

 
●おいしさをキープする保存方法 
・常温保存

2296_img_04

 
新聞紙で包み、風通しのよく冷暗所で保存しましょう。 
切ったものは切り口にラップをし、冷蔵室で保存を。

 
・冷凍保存

2296_img_05

 
長いもは皮をすりおろし、冷凍用保存袋に入れて冷凍する。 
必要な量だけポキンと折って使いましょう。

 
撮影/勝倉崚太

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • サポーター募集

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」