【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

レシピ

2012年8月18日の記事

旬の食材で子どもごはん【なす】

旬の「なす」を使って、子どもも食べやすい『揚げなす入りキーマカレー』を作りましょう!

1937_img_01

 

今回は、栄養士森野恵子先生に、
夏野菜の「なす」を使った『揚げなす入りキーマカレー』レシピをご紹介いただきました。

 
 
なすの食感サクッ! ごはんもすすむ
「揚げなす入りキーマカレー」

 
 

【材料】(4人分)
 合びき肉…200g
 なす…3本
 玉ねぎ…1個
 にんじん…1/2本
 にんにく…1/2かけ
 トマト水煮缶(カット)…150g
 ごはん…どんぶり3~4杯分

 
 酒…大さじ1
 A(カレー粉…小さじ1、塩…小さじ1/2、こしょう…少々)
 しょうゆ…小さじ2
 片栗粉・揚げ油…各適量

 (1人分 503kcal)

 
 
【作り方】
 1  なすはヘタを取って2~3cm角に切り、水に浸して
   アク抜きをし、水けを絞る。
   玉ねぎ、にんじん、にんにくはみじん切りにする。
 
 2  フッ素樹脂加工のフライパンに、にんにく、玉ねぎを入れ、
   玉ねぎがしんなりするまで炒める。ひき肉を加えて炒め、
   酒をふる。さらに、にんじんを加え、全体をさっと炒める。
 
 3  2 にトマト水煮、Aの調味料を加え、ときどき混ぜながら
   20分ほど中~弱火で煮る。
   しょうゆを加えて混ぜ、味を調える。
 
 4  1 のなすに片栗粉をまぶし、170度に熱した揚げ油で
   カラリと揚げる。 3 に加えて混ぜる。
 
 5  器にごはんを盛り、 4 をかける。

 


 
《森野先生の食育POINT》

 
夏は汗などで体内の水分やミネラルが失われやすくなるため、こまめに水分を補給することが大切です。「水分補給」と聞くと、水やお茶などを飲むことを想像するのではないでしょうか?
 
今回のテーマ食材「なす」をはじめ、トマト、きゅうりなどの旬の夏野菜は、水分が豊富です。夏野菜から水分や栄養を補うことも、夏バテの予防につながるんですよ。

 
なすを煮たときの「ベチャッとした食感が苦手」というお子さんには、揚げなすにしてカレーに加えれば、子どもにも食べやすくなるのでおすすめです。

1937_img_02

 


 
《食材メモ》
 なす

1937_img_03

 

●栄養データ
 なすの皮の紫色は「ナスニン」というアントシアニン系色素で、
 ポリフェノールの一種。ビタミンC、B1、カリウムも含みます。

 
●おいしい「なす」の見分け方
 ・ヘタがピンと立っている。
 ・皮にハリとツヤがある
 ・ヘタの切り口がみずみずしい

 
●おいしさをキープする保存方法

 ヘタの切り口にぬらしたペーパータオルをあてて
 保存袋に入れ、冷蔵室で保存しましょう。
 水分が失われるのを防ぎ、みずみずしさをキープできます。
 切ったものはラップにぴっちり包んで冷蔵しましょう。

1937_img_04

 
撮影/勝倉崚太
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • サポーター募集

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」