【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

生活・しつけ

小学1年生 2013年10月2日の記事

親子の約束を守らせるには?

「夕飯前に宿題をやる」「5時には帰ってくる」などなど、お子さんは「約束事」を守りますか?

1634_img_01

 
みなさんのご家庭には、「我が家の約束事」はありますか?
「全然ない」というご家庭は、おそらく少ないのではないでしょうか?
 
「約束事を作って、子どもに守らせるとよい」という話を聞いたことがあります。
 
佐藤正寿先生は、「親との約束事を守れる子どもは、ほかの人の話を素直に聞くことができます。これは人間関係の基本です」と、おっしゃいます。

 
ですが、親子で決めた約束事を、子どもに守らせるのは、なかなか難しいと感じませんか?
 
どうしたらよいのか、佐藤先生にうかがいました。

 
 
佐藤 「約束事を守らせるためには、親の願いを子どもたちに伝えることが大切です。
 
たとえば、『道路のそばでサッカーはしない』という場合、その約束事だけではなく、『守らなかった場合の危険性』も伝えます。
 
『健太に交通事故にあってほしくないから、こういう約束をするんだよ』というように、我が子を思う気持ちを伝えると、その約束の必要性を子どもたちは理解します」

 
 
なるほど、ただ約束を決めるのではなく、その必要性を同時に伝えていかなければいけないのですね。
 
 
佐藤  「また、約束事を守れた場合には、ほめたり、励ましたりしましょう。
 
『テレビゲームは30分、よく守っているね。大事なことだよ』
『毎日の洗濯物の片付け、助かるよ』
 
というように、気持ちを伝えることによって、子どもの意欲はどんどん増します」

 
 
親子で必要だから約束をしたことを子どもが守らないと、がっかりしてしまいますが、約束が守れなかった場合は、どうすべきでしょうか?

 
佐藤  「一方、約束事を守れない場合も、親の願いと同じように子ども側にも理由や原因があるはずです。
 
たとえば『遊びに夢中になって時間を忘れていた』といったものです。それがわかれば、次の対策を立てることができます。

 
一方的に『なんで約束を守らないの!』と責めても、親の願いは伝わりません。きちんと伝え、きちんと聞く、これが鉄則です。
 
実は、学級づくりでもこの鉄則は同様です。
私の学級でも多くの約束事があります。
それらは決して子どもたちを縛るものではありません。
むしろ、『快適に過ごすために必要なもの』と子どもたちは感じています。

 
『もし、このルールがなかったらどうなるだろう?』
とルールについて考えさせる場面を作り、
『だからみんなにはこうしてほしい』
と私の願いを伝えています。
 
だから、子どもたちも納得し、ルールに沿った行動をします。
むろん、時にははみ出す子もいますが、それは自然なことだととらえています」

 
 
「ルール=縛るものではない」
「必要だからルールがある」
納得するから、約束を守れる。
そして、子どもに納得させるためには、考えさせる場が必要なのですね。

 
つい面倒くさがって「やりなさいって言ったらやりなさ~い!」で済まそうとしてしまいがちですが、ここは、「我が家の約束事」についてお子さんとじっくり話して、親の思いと子の思いをとことんつき合わせてみましょうか。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • スルリと溶け込む、大人のナチュラル服 シュルリ

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」