【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

  • トップページ
  • 学校・まなび >
  • 数や文字を覚える簡単大人気ゲーム!

学校・まなび

小学1年生 2012年5月18日の記事

数や文字を覚える簡単大人気ゲーム!

数や文字を、遊びならが家でも教えていきたいと思います。家庭でできるゲームは何かありますか?

1626_img_01

 

「うちの子、保育園の頃は、言葉のゲームを楽しそうにしていました。家で、親子で出来る簡単な学習ゲームがあれば教えてください」


佐藤正寿先生のオススメは、「いつ・どこ・だれが・どうしたゲーム」です。

 
 
 
佐藤 「1年生担任の時に、このゲームをすると
いつも教室が大盛り上がりでした。
楽しい答えが次々と出てくるからです。
ぜひ家庭でも家族みんなでやってみてください。

 
●用意するもの
 小さな紙(4枚)と鉛筆

 
●ゲームのしかた
1.1人1枚ずつ紙をとり、
  それに「いつ」「どこで」「だれが」「どうした」を割り当てて
  一人一項目ずつ書きます。
  書く時には周りの人に見られないようにします。
2.書いたら、「いつ」から順番に発表していきます。
3.「きのう」「近所の八百屋さんで」「ポチが」「スケートをしていた」
  といったような変な文章が出てきます。
  その姿を想像してみたり、絵に描いてみましょう。
  大爆笑になること間違いなしです。

 
 
2人で行う場合には、「いつ」「だれが」はお母さん、
「どこで」「どうした」はお子さん、
というようにしてやってみましょう。
5人でする場合には条件(例「だれと」)をひとつ加えます。

 
このゲームのいい点は、まず楽しいことです。
次に、特別な準備が必要ないということ。
親子のコミュニケーションも深まります。
そして何よりも、子どもが文字を喜んで書くようになることです。
小学校の国語の学習でも、よく取り上げられるゲームです。
それだけ効果があるゲームと言えます」

 
 
これならどこでも簡単にできそうです。
ゲーム感覚で文字に親しめるのがいいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • 学研ほたるネット

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」