【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

  • トップページ
  • 学校・まなび >
  • ☆[入学準備]身につけたいこと必要度別チェック・学校生活編

学校・まなび

年長 2014年11月28日の記事

☆[入学準備]身につけたいこと必要度別チェック・学校生活編

何がどこまでできていればいい?

1165_img_01

 

生活習慣や学習面など、入学までに身につけておきたいことを、必要なものから、焦らずじっくり身につけるための必要度別チェック。

 

第1回目は学校生活で必要な、食事や着脱に関する項目を中心に、A、B、Cの3段階にランク分けしました。

 

 

必要度A…入学前までに身につけておきたいこと 

必要度B…できれば身につけておきたいこと 

必要度C…入学後で間に合うこと

 

 

項目名をクリックすると、内容説明やアドバイスがご覧いただけます。

 

***************************

 

必要度A◆

一人で着替えができる

お箸を正しく使える

正しくえんぴつを持てる

和式トイレが使える

 

◆必要度B◆

脱いだものをたためる

ごはんをよそえる

雨具(傘、雨がっぱ)をたためる

 

◆必要度Cランク◆

時計を見て行動ができる

ぞうきんを絞ることができる

ほうきで掃くことができる

 

★家庭生活編 はこちら

★コミュニケーション&学習編 はこちら

 

***************************

 

【A】一人で着替えができる

 

1165_img_02

 

「体育」の時間の前に、着替えをします。机の上を片付け、トイレに行ったりしていると、体操着に着替えるのに5分間しかありません。

 

入学当初は、かなり時間をとって練習しますが、個人差がとても大きいです。「体育」の授業のある日は、ボタンやベルト、ホック、ファスナーなどがないもの(例;トレーナーとズボンなど)を着せるとよいと思います。

 

<関連記事>

 ★なぜ脱ぎっぱなしではいけないの?

 ★お子さん、洋服をたためますか?

 

リストに戻る

 

 

【A】お箸を正しく使える

 

1165_img_03

 

使えるというだけでなく、正しく使うことができるというのがポイントです。6年間かけてできあがった習慣です。これを学校で矯正するのは、ほぼ困難です。た

 

だ、すでにつかみ箸などが見られるときは、入学を機に「直してみようか」と言って、矯正に挑戦してみるといいかもしれません。

 

<関連記事>

 ★おはしをじょうずに持たせましょう

 

リストに戻る

 

 

 

【A】正しくえんぴつを持てる

 

1165_img_04

 

これも「箸を正しく使える」と同様です。学校でも正しい持ち方を教えますが、実際には、もう「くせ」がついていて、矯正するのが難しい場合がほとんどです。 1年生で直せないと、上の学年ではまず直せません。「ママノート」でも、正しい持ち方が載っていますので、ぜひそちらを参考にしてください。

 

<関連記事>

 ★鉛筆の正しい持ち方のコツとは?

 ★鉛筆を正しく持ちましょう。(付録「鉛筆を正しく持つシート」付き)

 ★正しい鉛筆の持ち方が身につくグッズ

 

リストに戻る

 

 

 

【A】和式トイレが使える

1165_img_05洋式トイレしか使ったことのない今の子に合わせて、トイレの工事を進めている学校もありますが、まだまだ和式トイレの学校は多く見られます。特に女の子は、 和式トイレが使えないと洋式トイレにずらっと並ばなくてはなりません。こんなとき、さっと和式トイレを使えると、子どもながら、かっこいいと思いませんか。

 

<関連記事>

 ★和式トイレの練習をさせましょう

 ★知っておきたい、トイレで失敗したときの対処法

 

リストに戻る

 


 

【B】脱いだものをたためる

 

できるにこしたことはありませんが、上記の「着替え」ができるのであれば、次第にできるようになります。

 

最初は、自分が脱いだものをうまくたためないので、体操着袋にぎゅうぎゅうに入れることになります(学校や先生によっては、体操着袋に入れないで、たたんで 積んでおくこともあります)。

 

着替えやたたむのが苦手なお子さんは、体操着袋を大きめなものにしてもよいでしょう。たたむのに苦労している子ほど、体操着袋が小さくて、よけいに時間がかかっていることがあります。

 

<関連記事>

 ★なぜ脱ぎっぱなしではいけないの?

 ★お子さん、洋服をたためますか?

 ★色々な物をたたむ力が身につくグッズ

 

リストに戻る

 

 

【B】ごはんをよそえる

 

家庭でも使われなくなったぞうきんやほうきと違い、ごはんをよそうシーンは、子どもが見る機会も多いので、見よう見まねでやろうとします。これもできるにこしたことはありません。

 

でも、子どもの様子をみていると、ごはんをよそうことより、よそったごはんをしゃもじでぱんぱんと叩くのに一生懸命です。その子どもにとってはそれが毎日見る光景であり、その行為が魅力的なんでしょうね。

 

<関連記事>

 ★お碗を正しく持って、ご飯をよそう練習

 

リストに戻る

 

 

【B】雨具(傘、雨がっぱ)をたためる

 

入学式の翌日に、すぐ雨が降ることがあります。新入生は、大きなランドセルを背負い、雨がっぱを着て、傘をさして登校しなければなりません。登校後は傘をた たみ、かっぱを小さくたたんで、ビニール袋にしまいます。これは新入生にとって大仕事です。

 

最初の1ヶ月は、お世話係の6年生などがやってくれますが、ご家庭でもたたみやすい傘をもたせる、ビニール袋を持たせるなどの配慮をしてください。

 

<関連記事>

 ★かさ、雨がっぱのたたみ方

 

リストに戻る

 


 

 

【C】時計を見て行動ができる

 

時計の学習は、算数での大事な単元です。

その前に、数字をしっかり書く学習をするので、そこからで大丈夫です。

 

教室で指導するときは、「時計の長い針が6になるまでに、教室に戻りましょう」という言い方をします。それが定着してから、「あれは、○時30分と読みますね」などと、発展させていきます。

 

ここで、ぜひ各ご家庭にお願いしたいのは、針と数字示すアナログ時計を家の中に置いていただきたいということです。以前、なかなか「時計」が理解できない子がいたので、よくよく話を聞いてみると、家にはデジタル時計しかなかった……ということがありました。

 

<関連記事>

 ★子どもに時間管理の方法を教えるには?

 

リストに戻る

 

 

【C】ぞうきんを絞ることができる

 

ぞうきんを絞るやり方は、理にかなった方法でやらないと筋肉を傷めるので、私の場合は、しっかりと学校で教えたいと考えています。

 

最近はあまり家でもぞうきんがけをしないようなので、たまにすごく上手な子がいると、すぐお手本になってもらったりします。お母さんが上手だと、子どももよく見ているようです。

 

<関連記事>

 ★ぞうきんをしぼる練習をさせましょう

 

リストに戻る

 

 

【C】ほうきで掃くことができる

 

ほうきを使ってそうじをするのは、もはや学校だけではないかと思うことがあります。文化財の伝承のつもりでしっかり指導します。これも、家でほうきを使っている様子を見ているかどうかが、子どもに影響するようです。

 

<関連記事>

 ★ほうき・ちりとりで掃除をさせましょう

 

リストに戻る

 


★必要度別チェック・家庭生活編 はこちら

★必要度別チェック・コミュニケーション&学習編 はこちら

 

 

 

 

毎週木曜にメルマガ発信中!

ご登録はこちらから↓

mailcp

 

 

ツイッターもやっています!

フォローはこちらから↓

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • サポーター募集

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」