【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

  • トップページ
  • 学校・まなび >
  • ☆[入学準備]身につけたいこと必要度別チェック・家庭生活編

学校・まなび

年長 2014年11月28日の記事

☆[入学準備]身につけたいこと必要度別チェック・家庭生活編

睡眠、朝ごはん……家での生活習慣はしっかり身につけて

1166_img_01

 

 

入学までに身につけておきたいチェックリストの第2回目。今回は、家庭内での生活習慣でどんなことがどこまできていればいいか、現役小学校教諭の舟山由美子先生に引き続きうかがいます。

 

必要度A…入学前までに身につけておきたいこと 

必要度B…できれば身につけておきたいこと 

必要度C…入学後で間に合うこと

 

 

項目名をクリックすると、内容説明やアドバイスがご覧いただけます。

 

***************************

 

◆必要度A◆

早寝・早起きができる

朝ごはんを決まった時間内に食べ終わる

朝トイレに行く習慣をつける

家の鍵を開けられる

 

◆必要度B◆

必要な持ち物をそろえられる(管理できる)

傘をさして安全に歩ける

 

★学校生活編はこちら

★コミュニケーション&学習編はこちら

 

*************************** 

 

 

【A】早寝・早起きができる

 

1166_img_02

 

早寝・早起きというよりも、朝すっきり目がさめるかどうかを重視してください。

 

たまに寝不足で朝ぼんやりしていたり、机に突っ伏してぐったりしていたりする子がいます。聞くと、夜10時ごろまで、家の人と起きているとのこと。

 

入学直後は特に、子どもはとても神経を張りつめて生活しています。午後8時くらいには布団に入るようにしてほしいと思います。

 

<関連記事>

 ★「早寝・早起き」はできていますか?

 

リストに戻る

 

 

【A】朝ごはんを決まった時間内に食べ終わる

 

1166_img_03

 

給食は、どの学校も20分ほどで食べ終えるようなタイムスケジュールになっています。たとえ好き嫌いがなくても、食べるのがゆっくりだと、給食の時間が終わっても、お皿にまだ残っていることになり、食べ終えていないことになります。

 

これは私の個人的な見解ですが、食べるのに時間がかかってしまうのは、一 人っ子など、家庭ではその子のペースに合わせて食事をしている場合に多いようです。

 

食事は「習慣」でもあるので、好き嫌いがない、しっかりかむ、箸づかいなどのほかに、朝食を決まった時間内で食べるようにするだけで、給食も時間通りに食べられるようになると思います。

 

そして、夕食は家族でしっかり時間をかけて食べる、などメリハリをつけると、食事に対する感覚も育てられるのではないでしょ うか。

 

もう一つ、食事に関わることで大事なのは、時間を逆算して行動できるということです。例えば学校に午後8時に着くには、家をその20分前に出る必要がある。

 

その前にトイレに行ったり、 歯を磨いたりするとしたら、朝ごはんは、○時□分までに食べ終わっておく必要がある……ということを、画用紙などに、時計の絵とともに書いておいて貼って おくといいでしょう。「時計」の学習にもなり、逆算の考え方も身につきます。

 

<関連記事>

 ★朝の準備を習慣化しましょう

 

リストに戻る

 

 

【A】朝トイレに行く習慣をつける

 

1166_img_04

 

ト イレの習慣は食事とセットです。大人でも、出るものが出ないと集中できませんよね。困るのは、授業時間にトイレに行きたくなることです。子どもはなかなか 言い出せません。入学直後、ある子が泣いているので、「どうしたの?」と聞くと、「うんちしたい…」ということがありました。「これからは、できるだけ朝 にうんちしてこようね」と言ったら、毎朝、うんちしてきたことを報告してくれるようになりました。

 

もう一つの問題は、朝にうんちをしていないと給食を食べた後にしたくなることです。給食は前述の通り20分しかありませんし、その後、片付けをしたり、学 校によっては掃除の時間になったりします。ゆっくりトイレに行く時間がないので、子どもは気が気ではないのです。朝トイレに行く習慣はとても大事です。

 

<関連記事>

 ★朝の準備を習慣化しましょう

 

リストに戻る

 

 

【A】家の鍵を開けられる

 

1166_img_05

 

両親が共働きなどで、万が一の場合に家の鍵を開ける必要があるかもしれない場合は、自分で開けられるようにしておいたほうがいいでしょう。

 

リストに戻る

 


 

【B】必要な持ち物をそろえられる(管理できる)

あ まり多くの物があると管理しにくいので、たとえばふで箱ならば、いつも決まった数(鉛筆5本、赤鉛筆1本、消しゴム1個)が同じ場所にあるようにするとい いですね。教室では、机の中の道具箱に入れる物の配置もそろえるなどして、物を管理することを指導していきます。体操着袋なども同様です。

 

<関連記事>

 ★学校道具の指定席を決めて忘れ物ゼロをめざそう!

 

リストに戻る

 

 

【B】傘をさして安全に歩ける

傘をさして歩くのは、ほとんど学校の外でのことなので、教員も目が届きません。道路いっぱいにならないで一列で歩く、信号をしっかり見るなど、親も雨の日に一緒に通学路を歩いて確認しておくと安心です。

 

<関連記事>

 ★雨の日は特に注意! 登下校の事故の危険ポイント

 ★雨の日の登下校の安全のために子どもに伝えること

 ★事故から子どもを守る! 目立つ「雨具」の色とは?

 

リストに戻る

 


★必要度別チェック・学校生活編はこちら

★必要度別チェック・コミュニケーション&学習編はこちら

 

 

 

毎週木曜にメルマガ発信中!

ご登録はこちらから↓

mailcp

 

 

ツイッターもやっています!

フォローはこちらから↓

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • スルリと溶け込む、大人のナチュラル服 シュルリ

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」