【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

  • トップページ
  • 学校・まなび >
  • ☆[入学準備]身につけたいこと必要度別チェック・コミュニケーション&学習編

学校・まなび

年長 2014年11月28日の記事

☆[入学準備]身につけたいこと必要度別チェック・コミュニケーション&学習編

文字や数字だけでなく、あいさつや返事も大切

1167_img_01

 

 

入学までに身につけておきたいチェックリストの第3回め。今回はお母さんたちがもっとも気になる、文字や数の読み書きといった学習面のほか、あいさつや約束など、人とのコミュニケーションに関わることです。

 

必要度A…入学前までに身につけておきたいこと 

必要度B…できれば身につけておきたいこと 

必要度C…入学後で間に合うこと

 

 

項目名をクリックすると、内容説明やアドバイスがご覧いただけます。

 

***************************

 

◆必要度A◆

あいさつ、返事ができる

人の話を聞ける

自分や親の名前、住所が言える

自分の名前の読み書きができる

生活の中で数にふれ、数を数えることができる

 

◆必要度B◆

簡単な約束が守れる

やりたいことを人に伝えることができる

わからないことを質問できる

ひらがなの読み書きができる

 

◆必要度C◆

机に向かう習慣がある

 

★学校生活編はこちら

★家庭生活編はこちら

 

***************************

 

【A】あいさつ、返事ができる

 

1167_img_02

 

大きな声であいさつできることは、すべてに通じる、というぐらいの気持ちで、家庭でも学校でも教えていきたいですね。相手をしっかりと見る、ということも大事です。

 

<関連記事>

 ★入学準備は、まずあいさつや返事から

 

リストに戻る

 

 

【A】人の話を聞ける

1167_img_03

 

うまく話せない子でも、人の話がよく聞ける子は、問題なく学校生活が送れます。

 

しかし、すぐにほかのこと(音・友だちの行動など)に気が行く、手遊びをしてしまう、ぼんやりしてしまう……などの行動が目立ち、その結果、話が聞けないときは、「注意欠陥・多動」などの可能性があるので、担任の先生と相談して、対処したほうがいいと思います。

 

<関連記事>

 ★人の話が聞けるようになる

 

リストに戻る

 

 

【A】自分や親の名前、住所が言える

1167_img_04

 

自分の名前はどの子も言えると思いますが、住所のほうが必要なことがあります。入学直後の1か月は、多くの学校で1年生だけ集団下校します。その際、同じ方 向でグループを作るのですが、まれに自分の家がどこにあるのか、集合住宅の中の何号室なのかわからない子がいます。送っていくのが、必ずしも担任でなかっ たりするので、どちらも困ってしまいます。

 

も し、どうしても住所を覚えるのが難しい場合は、ランドセルの小さいポケットに住所など書いたカードを入れておいて、学校の先生たちから(あくまで、学校関 係者だけにです。見知らぬ人には絶対に見せないようにします)家がどこにあるか聞かれたら、これを見せなさいと言い聞かせておくとよいでしょう。

 

<関連記事>

 ★入学後、ひとりで行動するために必要なこと

 

リストに戻る

 

 

 

【A】自分の名前の読み書きができる

 

1167_img_05

 

入学直後からどんどんプリントに名前を書いたりします。名前だけは、書けるようにしておきましょう。

 

リストに戻る

 

 

 

【A】生活の中で数にふれ、数を数えることができる

 

1167_img_06

 

算数は、最初に1から10までの数を学びます。ここまでできているとよいでしょう。

 

<関連記事>

 ★数字を学ぶ前に身につけたい“対応”(付録「かずドリル」付き)

 ★文字・数の基礎が身につくドリル

 

リストに戻る

 

 


 

【B】簡単な約束が守れる

学校にもルールとマナーがあります。幼稚園や保育園、家庭で、これまで言われてきたことが守れれば、学校でもほとんど大丈夫です。

 

リストに戻る

 

 

 

【B】やりたいことを人に伝えることができる

個人差が大きいですが、「困ったときは、先生にだけ言うんだよ」と言い聞かせておいてください。内向的なお子さんも、慣れると自分で言えるようになります。

 

<関連記事>

 ★やりたいことを伝えられるようになる

 

リストに戻る

 

 

 

【B】わからないことを質問できる

これも個人差が大きいですが、集団生活の中で次第に身に付けていくことができると思います。

 

リストに戻る

 

 

 

【B】ひらがなの読み書きができる

入学してからひらがなを学ぶことになっています。とはいえ、名前は書けるようにしておき、ひらがなは、書けなくてもかんたんな絵本などは読めるようになっていると、スムーズに学習が進められます。

でも、ひらがなをすらすら読めなくても、ほとんど書けなくても、夏休み前ごろには、みんなとほとんど同じくらいになります。あせらなくても大丈夫です。

もうひらがなを全部書けるよ、という子より、むしろ初めてひらがなを学ぶ子のほうが、授業に真剣に集中して取り組みますし、書く字も丁寧で、好感がもてることが多いものです。

 

<関連記事>

 ★ひらがな読み書き、先輩ママはどう教えた?

 ★ひらがなが読めて、書けるようになろう(付録「ひらがな練習シート」付き)

 

リストに戻る

 


 

【C】机に向かう習慣がある

これは教室という集団の中で、習慣づけていきます。座っていられない子がまれにいますが、学習態度の一つとして指導していきます。前述の「注意欠陥・多動」などの場合は、保護者と手を携えて、個別に指導していくことになります。

 

<関連記事>

 ★机に向かう練習をしましょう

 

リストに戻る

 


★必要度別チェック・学校生活編はこちら

★必要度別チェック・家庭生活編はこちら

 

 

 

毎週木曜にメルマガ発信中!

ご登録はこちらから↓

mailcp

 

 

ツイッターもやっています!

フォローはこちらから↓

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • 学研ほたるネット

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」