【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!

  • トップページ
  • 学校・まなび >
  • ★親野智可等の「ママも小学1年生」第3回[2016/5/9]

学校・まなび

小学1年生 2016年5月9日の記事

★親野智可等の「ママも小学1年生」第3回[2016/5/9]

少食の子は給食を食べきるのが大変。学校に行きたがらない理由になることもあります。

 

pixta_2194006_S 

●お子さんが給食でつまずかないようにしてあげてください
 
入学して2週間目くらいになると給食が始まります。
楽しいはずの給食ですが、実は、給食でつまずく子がけっこういるということも知っておいていただきたいと思います。
 
小食でたくさん食べられない子は、給食を食べ残すことになります。
また、食べたことのないものや嫌いなものが出て食べ残すこともあります。
 
子どもにとってこれがすごく苦痛なのです。
「残さず食べることがいいことだ」という思いこみが未だにあるからです。
先生にもありますし、子どもたちにもあります。
 
たしかに、全部食べ終わるまで許さないという先生は減りました。
でも、それに近い先生は未だにいます。
 
食事の量や質というものは個人によって大きく違いますし、生理的な問題なのですから、本当は他人が強制できるものではないのです。
 
子どもが元気がないとき、あるいは学校へ行きたがらないときは、給食が原因のこともありますので気を付けていてください。
 
給食が原因とわかったら、すみやかに担任の先生に相談してください。
クレームという感じでなく相談という感じで、お子さんのことを”上手に”伝えてください。
 
そのためには、まずいい雰囲気にすることが大切です。
最初に、「いつもお世話になっています」とか「先生のことが大好きみたいです」
などの言葉があるといいですね。
大人の交渉術を駆使してください。
 
そもそも食べることは本来とても楽しい時間のはずです。
そこでつまずいて学校がイヤになる子が出るようなことのないようにしてあげてください。
 
 
●先生、いつからお勉強するの?
 
入学して2週間目くらいになると、授業の方もようやく「勉強」という感じになっていきます。
 
でも、それまでの1週間は、トイレの使い方、ロッカーの使い方、机の中に物や教科書をどう入れるか、遊具での安全な遊び方、体育着への着替え方と脱いだ服のたたみ方、体育館での並び方などを教えることに費やされます。
 
これらのことはスムーズに学校生活を送るために欠かせないものだからです。
 
でも、子どもたちは「学校は勉強をするところだ」と思って入学してくるので、少々不満を感じる子もいます。
それで、入学して4日めくらいになると「先生、いつからお勉強するの? わたし早くお勉強したい」とか「先生、ぼく早く算数の足し算やりたい。明日算数やって」などと言ってくる子がいます。
 
こういう言葉は1年生以外では絶対に聞くことのできない言葉なので、こちらはうれしくなってしまいます。
 
「慌てない、慌てない。いまに『イヤ』というほどやるからね」と内心思いつつ、
「そうなんだ。○○さんは勉強が大好きなんだね。はりきってるね~。来週から算数と国語をやるからお楽しみ」と言ってあげます。
 
授業の他にも、4月中は、身体測定と各種検診(聴力検査、歯科検診、耳鼻科検診など)、集団登校の通学班の集まり、6年生とのペア作り、避難訓練、参観会、懇談会、遠足など盛りだくさんです。

 


前回の記事はこちら

親野智可等の「ママも小学1年生」第2回

 

次回の記事はこちら

親野智可等の「ママも小学1年生」第4回

 

他記事はこちら

担任の先生と信頼関係を築くには?

 

 

 

毎週木曜にメルマガ発信中!

ご登録はこちらから↓

mailcp

 

ツイッターもやっています!

フォローはこちらから↓

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ戻る

トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママノート」メルマガ会員にご登録はこちら

『ママノート』ツイッターやっています!フォローいただけたら幸いです。

  • サポーター募集

過去の特集はこちら

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」