【小学1年生】と【年長】ママのお役立ち情報を配信!


  • トップページ
  • 週末・その他 >
  • 《マナー》入学祝いのお返しお礼のマナーを教えて
週末・その他
小学1年生 2013年2月28日の記事

《マナー》入学祝いのお返しお礼のマナーを教えて

ママノート「《マナー》入学祝いのお返しお礼のマナーを教えて」

いただいたら、電話やお礼状で感謝を伝えましょう。子どもからも「ありがとう」とお礼を伝えるきっかけに!

【入学準備】

 
 
 
子どもの小学校入学が近づくと、『入学祝い』をいただく機会が多くなりますね。『入学祝い』のお返しやお礼は、どのようにするのが美しいマナーなのでしょうか?

 
マナーデザイナー・現代礼法研究所代表岩下宣子先生にお話をうかがいました。
 
 
●3日以内に電話でお礼
 
『入学祝い』をいただいたら、必ずお返しの品を贈らなくてはいけないのでしょうか?
 
岩下 「一般的に、『入学祝い』は、経済力のない子どもへの贈り物のため、お返しはしなくてもいいものとされています。
 
『入学祝い』をいただいたら、届いた日から3日以内に電話でお礼を伝えましょう。このとき、お子さんが喜んでいる様子を伝えると、『贈ってよかったな』『喜んでもらえたんだな』と相手の方に気持ちが伝わります。
 
親しい間柄の方であれば、親からお礼を伝えた後に、お子さんを電話口に出させ『ありがとうございます』とお礼を伝えてもいいですね。

また、お礼状を書いて送るとより丁寧です。お子さんにも紙を1枚わたして『ありがとうございます』と書いたり絵を描いたり、入学式の記念写真などを親のお礼状と一緒に同封して送ったりすると、喜ばれるはずです。

お礼のやりとりは、大人同士だけで済ませてしまいがちですが、子どもも一緒に参加させることが大切です。そうすることで、子どもにも自然にお礼をする習慣が身につきます。
また、子どもに『周りの大人があなたの入学をお祝いしてくれているんだよ』『愛情をかけてくれているんだよ』と伝えることができます」
 
 
●本来の「内祝い」とは、家に招いて子どもの成長をお披露目すること
 
それでは、入学の『内祝い』とは何ですか?
 
岩下 「現代では『内祝い(うちいわい)』を、“いただいた入学祝いのお返し” ととらえられるようになりました。でも、これは本来の意味とは異なるんですよ。
 
『内祝い』とは “内々のお祝い” を意味します。入学祝いをいただいた、いただかないに関わらず、親しい方々を家にお招きして食事をし、子どもの成長した姿をお披露目して感謝を伝えることなのです。このような場では、子どもが親以外の大人と接することができ、あいさつやお礼の仕方などのコミュニケーション力を育むよい機会になります。
 
しかし現代では、核家族化などによって、本来の『内祝い』を行う家庭は少なくなってきているようです」

 
●お返しの品は1/3~半額程度の金額で。贈ってはいけないものも・・・
 
最初に、基本的に『入学祝い』のお返しの品は不要と教えていただきましたが、どのような方に、『内祝い』を贈ったほうがいいのでしょうか?
 
岩下 「相手の方にお子さんがいる場合は、入園・入学を迎えたときにお祝いの品を贈る機会がありますが、そのような機会がない方には、お礼状とともに『内祝い』としてお返しの品を贈ります
 
お返しの品は、いただいたものの1/3~半分程度の金額のもので、菓子類のギフトなど相手の好みを考えて選ぶようにします(お金、肌着、腰から下に身につけるものはマナー違反とされています)。

表書きを『内祝』として子どもの名前ののしをつけ、贈り物をいただいた3週間~1か月以内に先方に届くようにしましょう」

 
岩下先生、ありがとうございました。
入学祝いをいただいたら、まずは「ありがとうございます」と心からのお礼を子どもと伝えたいと思います。

 


●こちらもあわせてどうぞ
【特集】:これで安心!2014年「小学校・入学準備」
親子で楽しく入学に向けて準備を進めましょう。入学への期待を膨らまし、小学生になるという自覚を育んでいきましょう。

 


●【注目】ファイナンシャル・プランナーが勧める今から始める教育資金
今すぐ始めて後悔しない! 子どもの教育資金 貯め方のコツ


●小学校に入学したら
親野智可等「入学して1カ月気をつけたいこと、先生との付き合い方」
入学後にかかるお金が知りたい!
●「卒園・入学式」関連記事
[入学準備]どうする? 卒園・入学式のママスーツ
[入学準備]卒園・入学式でスーツを着まわしたい!
[入学準備]バッグやパンプスもぬかりなく準備!

 


オススメ特集
和田秀樹 「心の強い男の子の育て方」
子育てに関するアドバイザーとしても有名な精神科医の和田秀樹先生に聞く「男の子の育て方」のコツ
親野智可等 「入学して1カ月気をつけたいこと、先生との付き合い方」
学校にも慣れてきた時期に、特に気をつけたいことってどんなことでしょうか?
親野智可等 「子どもにひとこと ママクイズ」
3択クイズ、選んだ回答によって、あなたの子育てタイプがわかります
幼稚園・小学生ママのお悩み「反抗期」
子どもの「ママなんか嫌い」の言葉にショック!どうしたら良いでしょうか?
親野智可等 「ママも小学1年生」
小学1年生の1年間のトピックスを小1ママにお知らせ



特集
●これで安心!2014年「小学校・入学準備」

【タイムスケジュール】
(3)入学後に、働くママが悩む「小1の壁」
(2)入学後に幼稚園ママの生活はどうなる?
(1)新1年生、入学後の1日の過ごし方

【費用】
「入学後」にかかるお金が知りたい!

【卒園式・入学式】
(2)先生に卒園メッセージカードを渡そう
(1)卒園入学式のデジタルビデオ撮影のコツ

【マナー】
(1)入学祝いのお返しお礼のマナーを教えて

【式典でのママの装い】
(3)バッグやパンプスもぬかりなく準備!
(2)卒園・入学式でスーツを着まわしたい!
(1)どうする? 卒園・入学式のママスーツ

【身につけたいこと】
(26)時計を覚えるコツ
(25)ひとりで、かさ・雨がっぱをたためる?
(24)通学路チェックで子どもを危険から守る
(23)お碗を正しく持って、ご飯をよそう練習
(22)ほうき・ちりとりで掃除をさせましょう
(21)ぞうきんをしぼる練習をさせましょう
(20)おはしをじょうずに持たせましょう
(19)和式トイレの練習をさせましょう
(18)朝の準備を習慣化しましょう
(17)「早寝・早起き」はできていますか?
(16)鉛筆の正しい持ち方のコツとは?
(15)机に向かう練習をしましょう
(14)入学に向けて、心の準備をしましょう。
(13)【付録付】ウチの子はどう?チェックシートで確認
(12)人の話が聞けるようになる
(11)やりたいことを伝えられるようになる
(10)【付録付】算数が好きになる、数の数え方
(9)【付録付】算数の基礎が身につく数遊び
(8)【付録付】数字を学ぶ前に身につけたい“対応”
(7)あいさつ・返事ができるようになる
(6)なぜ脱ぎっぱなしではいけないの?
【スペシャル】なまえ れんしゅう シート
【スペシャル】とけい シート
(5)【付録付】時計を見ながら行動できるようにしましょう
(4)【付録付】ひらがなが読めて、書けるようにしましょう
(3)【付録付】自分の名前を読み書きできるようにしましょう
(2)【付録付】ひらがなを書く前に、必ず「運筆」をしましょう
(1)【付録付】鉛筆を正しく持ちましょう

【入学準備用品】
(4)かわいい手づくりバッグのポイント
(3)どんな学習机を選ぶと良い?
(2)子どもの体に合うランドセルって?
(1)どんなランドセルを選べばいいの?

【行事】
(5)「入学説明会」気をつけたいことは?
(4)「学童保育」の疑問を解決!後編
(3)「学童保育」どんなところなの?前編
(2)「就学時健康診断」どんなことをする?
(1)「学校公開」って何のため?

【その他】
[入学関連の書類1]届いた「入学通知書」どうしたらいい?
[制度1]「学校選択制」ってなあに?
入学までに揃えたいものと、用意するタイミング
入学までにこれだけは身につけたい!知識と生活習慣
入学式までにどんな行事があるの?
ママの小学校時代とは違う制度をチェックしましょう
親子で楽しく、入学準備を始めましょう

MENU

プロフィール

岩下宣子

 
マナーデザイナー。現代礼法研究所代表。
1985年、現代礼法研究所を設立。マナーデザイナーとして、企業、学校、商工会議所、公共団体などでマナーの指導、研修、講演と執筆活動を行う。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スペースで区切ると、複数のキーワードで検索できます。

旬のキーワード

前のページへ戻る トップページへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
過去の特集はこちら
  • 今ママが知りたいこと!
    過去の特集はこちら
  • 学研の頭脳開発「ちえのおけいこ3歳」